ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VEVOリオ・カラエフCEO 年内で退任の報道、新CEOは未定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽ビデオ専門サイトVEVOのリオ・カラエフ最高経営責任者が年内一杯でVEVOを退社するとアメリカの業界誌が報じた。

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

VEVOは2009年12月8日にサービスを開始した。ソニーミュージックの会長兼最高経営責任者ダグ・モリスの主導で、ソニーミュージックとユニバーサルミュージックが大株主。その後、プラットフォームを提供するYouTubeの親会社グーグルも7%程の株式を取得した。リオ・カラエフは創業時からのトップで、VEVOの成長に大きな貢献を果たした。今年(2014年)の夏にはアップルが買収するという噂も流れた。売却する場合800億円の値がつくとも言われた。サービス開始から5年、VEVOも新たな飛躍が求められているのかもしれない。新CEOは未だ決まっていない。リオ・カラエフがどこに行くかも明らかになっていない。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP