ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Marvell、スマートフォン・タブレット向け64bit対応の新SoC「ARMADA Mobile 1908 / 1936」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Marvell は 11 月 18 日、スマートフォンやタブレット向けに ARMADA Mobile シリーズの新 SoC 「PXA1908」 と 「PXA1936」 を正式に発表しました。どちらも ARM ベースの 64bit 対応 CPU と 5 モード(GSM / WCDMA / TD-SCDMA / TD-LTE / FDD-LTE)をサポートした通信モデムを内蔵したワンチップソリューション。2015 年初旬より搭載した端末が発売されると言われています。来年のエントリー~ミッドレンジの端末で目にすることでしょう。PXA1908 は ARM Cortex-A53 を 4 基内蔵したクアッドコアプロセッサ。PXA1936 は ARM Cortex-A53 を 8 基内蔵したオクタコアプロセッサです。PXA1936 は PXA1908 の上位版になります。PXA1908 / PXA1936 の CPU クロック数は最大 1.2GHz / 1.5GHz で、1,300 万画素 / 1,600 万画素カメラや最大 720p / 1080p ディスプレイ、デュアル SIM・デュアルスタンバイをサポートするほか、LPDDR2 / 3、eMMC ストレージ、Wi-Fi、Bluetooth、FM、GPS、SOIO などもサポートしています。スペック的には Snapdragon 410 や Snapdragno 615 と競合すると思います。Source : Marvell


(juggly.cn)記事関連リンク
モバイルバッテリーにもなるベルト「XOO Belt」が登場
Nokia初のAndroidタブレット「Nokia N1」のハンズオン動画
CyanogenとMicromaxがまもなく提携を発表、新ブランド「YU」でCyanogenModが採用される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP