ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「“色”ってどんな音がするの?」に応えるシンセサイザーアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界は色で満ちている。少し目をやれば、自分の周りにあるデスクのシルバーカラー、着ているスカートの赤色、話している相手の顔の肌色、メガネの縁の黒など、あなたの周りの環境はさまざまな色であふれている。

物体の“色”を音に変換するアプリ

ふと、こんな疑問をもったことはないだろうか。「色って、どんな音がするのだろう」。そんな遊び心をもったあなたには、「ROY G BIV」というシンセサイザーアプリはいかがだろう。指でスワイプするだけで、ユーザーの周りにあるものの“色”を、音に変換してしまうアプリなのだ。

このアプリはスマートフォンのカメラを使うが、それは写真を撮影するためではない。使い方はこうだ。

まず、音に変換したい対象をカメラフレームで捉える。例えば、カットされたピザでもいいし、あなた自身の顔でも何でもよい。すると、アプリが対象の物体を検知し、その対象の中でもっとも顕著な“色”が抽出され、1オクターブ分のキーボードが画面に出現する。ユーザーは8つの鍵盤を自由に押して、その“色”独自の音を鳴らして楽しめるという流れ。

違う物体を対象に選べば、再現される音も変わる。ユーザーがカメラフレームを動かすごとに、それに従って抽出される音もどんどん変化していく。「世界は音であふれているんだな」という錯覚に陥りそうである。

キックドラムなどを加えてアレンジも

音を鳴らすキーボードの下には4つのオプションボタンがあり、キックドラム、スネア、ハイハット、犬の吠え声の中から選んで、アレンジを加えることも可能だ。

色で表現されているものの中にあるわずかな差異が、音の波形や振動、アタックの強さ、音の減退時間を少しずつ変化させる。

色合い、彩度、色の明るさによって変化がつけられる、不思議な音楽づくり。“音声という聴覚”と、“見るものという視覚”の境界をあいまいにする体験は、未知の感覚かもしれない。

子どもの情操教育としてだけでなく、色に関心がある人、アートな感覚を大切にしたい人はぜひ体感してみては。アプリはiOS、Android両方に対応、0.99ドルというお手軽価格だ。

ROY G BIV

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP