ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

THE ALFEE 40周年記念で1stアルバムをSHM-CD化、幻の未発売シングル「府中捕物控」を初収録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1974年8月25日にシングル「夏しぐれ」でレコード・デビューしたアルフィー(THE ALFEE)の40周年を記念して、ビクター時代の全レコーディング音源を収録したCD『青春の記憶+2』が12月17日にリリースされる。

これは、1975年に発売されたアルフィー(当時はALFIEと表記)のファースト・アルバム『青春の記憶』に、ボーナス・トラックとして2曲を追加し、最新のデジタル・リマスタリング音源による高音質SHM-CDとして発売するもの。

当時のアルフィーは、松本隆(作詞)や筒美京平(作曲)等が手がけたフォーク色の強い作品を中心に歌っており、現在のTHE ALFEEとは趣きがかなり異なるが、標題の通り、若き日の“青春の記憶”が詰まった記念すべき作品集となっている。

今回、ボーナス・トラックとして初めて収録される音源は、「府中捕物控/明日からよその人」の2曲。1968年に発生した三億円事件の公訴時効日である1975年12月10日にサード・シングルとして発売が予定されていたコミカルな風刺曲とそのカップリング曲だが、直前に発売中止となっていた。

作詞作曲はTVアニメ「ヤッターマン」の主題歌等で知られる山本正之。作者自身によるセルフカバーがCD化されたり、THE ALFEEのライブでは歌われたことがあるが、オリジナル音源は一度も発売されていない。長い間、幻のレコードとされてきたが、今回、印刷されたEP盤のジャケットも見つかり、CDのブックレットにも掲載される。デビュー40周年を機に、39年ぶりに、初めて陽の目を浴びることとなった。

なお、CDジャケットのデザインは、フォトグラファーのおおくぼひさこが当時撮影したアーティスト写真を使用して新たに制作されている。ブックレットには、他にも、未使用のカットが掲載されており、ファン必携のスペシャル・パッケージとなっている。

リリース情報

アルフィー「青春の記憶 [+2]」
[40th Anniversary Edition] (Victor Recordings 1974-1975)
【SHM-CD】VICL-70139 2,400円+税

01. 青春の記憶 (作詞:松本 隆 作曲:筒美京平)
02. 真夏の夢 (作詞:松本 隆 作曲:筒美京平)
03. 心の扉 (作詞:松本 隆 作曲:筒美京平)
04. 危険なリンゴ (作詞:松本 隆 作曲:筒美京平)
05. 一年目の春 (作詞:三宅康夫 作曲:坂崎幸二)
06. 卒業 (作詞・作曲:高見沢俊彦)
07. 夏しぐれ (作詞:松本 隆 作曲:筒美京平)
08. ロマンス・レイン (作詞・作曲:高見沢俊彦)
09. ひとかけらの純情 (作詞:有馬三恵子 作曲:筒美京平)
10. 水いらずの午後 (作詞:松本 隆 作曲:筒美京平)
11. 白いハイウェイ (作詞:橋本 淳 作曲:筒美京平)
12. ウエイト・アローン (作詞:橋本 淳 作曲:筒美京平)

<ボーナス・トラック>
13. 府中捕物控 (作詞・作曲:山本正之)
14. 明日からよその人 (作詞・作曲:山本正之)

関連リンク

THE ALFEEオフィシャルWEBサイト:http://www.alfee.com
THE ALFEEオフィシャルファンクラブ【ALFEE MANIA】:http://www.alfeemania.com
THE ALFEE レーベルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/the-alfee/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP