ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、音楽・メッセージ系アプリをAndroid Autoに対応させるための新APIを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Google は 11 月 18 日(現地時間)、Android アプリ開発者に対して「Android Auto」向けのアプリを開発できる新 API を公開したと発表しました。Android Auto は、Google I/O 2014 で発表された自動車用の Android OS のことです。Android 5.0 (Lollipop)をベースに、ドライバーにとって安全かつ容易に車載システムを操作できることを目的に現在開発が進められています。今回公開された API は、オーディオ系アプリやメッセージ系アプリを Android Auto に対応させるためのものです。開発者は API を組み込むことで Android Auto 用の UI で機能を提供できるほか、ステアリングボタンからのリモート操作や受信したメッセージの読み上げも可能になります。Google は今回の発表に合わせて、iHeartRadio、Joyride、Kik、MLB.com、NPR、Pandora、PocketCasts、Songza、SoundCloud、Spotify、Stitcher、TextMe、textPlus、TuneIn、Umano、WhatsAppなどの音楽、ポッドキャスト、ネットラジオ、チャットアプリのプロバイダーが Android Auto への対応を進めていることも明らかにしました。Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Nexus 9用のファクトリーイメージを最新ビルド「LRX21R」にアップデート
Nexus 9(Volantis)用のカスタムリカバリ「TWRP 2.8.2.1」がリリース
Android 5.0の「スマートロック」機能に場所による自動化オプション「信頼できる場所」が追加、Google Play開発者サービス v6.5で利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。