ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スリップノット主催「ノットフェス2014」最強のラインナップが魅せた最狂のダークフェスティバル終了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

21世紀ロック界のトップに君臨するスリップノット。彼ら主催による”絶狂のダークカーニバル”、その名も「ノットフェス」が日本に初上陸、5万人が千葉・幕張メッセ(国際展示場 9〜11 ホール)を湧かせた。

11月15日・16日と2日間にわたり開催された今回のフェスティバル、全世界で熱狂的なファンを誇るカリスマロックバンド、スリップノットが両日ヘッドライナーを務めた。10月15日にリリースされた最新アルバム「.5:ザ・グレイ・チャプター」はオリコンの総合ウィークリー・チャートで1位を記録、ノットフェス・ジャパンのチケットは両日完全ソールドアウトとなった。

邦楽バンド13組、洋楽バンド10組出演。2日目に出演が予定されていたマキシマムザホルモンは、マキシマムザ亮くんが髄膜炎を発症、急遽出演がキャンセルとなった。ノットフェス・ジャパンは海外のバンドと日本のバンドがほぼ同数出演し、対等の立場で演奏するという日本で開催されるフェスティバルとしては珍しいスタイルで行われた。2つのステージが並べられているため来場者は全アクトを楽しめる。

シャロン・オズボーンによるコメント映像にて、第2回目となる オズフェスト・ジャパンが2015年に開催されることが発表され、ロックフェスファンから既に大いに注目されている。

オズフェスト・ジャパン 2015 開催決定コメント

関連リンク

KNOTFEST JAPAN オフィシャルウェブサイトhttp://www.knotfestjapan.com
KNOTFEST JAPAN 2014フォトギャラリーhttp://knotfestjapan.com/report.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。