体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ミリタリー魂】第54戦 東京電機大学旧校舎跡地にオープンするサバゲーフィールドに突撃

 ミリタリーな話題をマニア目線でお届けしている、鉄砲蔵の「ミリタリー魂」。
今回は11月22日にグランドオープンする、サバイバルゲーム専用フィールド『ASOBIBA神田店』を取材してきました。

 『ASOBIBA』は解体前などの物件を期限付きで借りうけ、その中でサバゲーをやるビジネスモデルですが、今回はなんと!東京都内の神田、東京電機大学旧校舎跡地を屋外フィールドとして活用。『ASOBIBA神田店』として、2014年11月22日~2015年1月25日の2か月限定でオープンします。

【関連:東京電機大学旧校舎跡地がサバゲーフィールドに―敷地総面積約1200坪】

 現地に着いてみるとそこは約1200坪の広大な敷地でA、B、2つのフィールドが用意されており、片面の定員が45名、両面同時に使用すれば最大90名の定員となります。
今回は予約不要の自由参加の日。僕は朝の9時から昼13時までの午前の部に参加。

入り口

入り口

セーフティー

セーフティー

女子更衣室

女子更衣室

男子更衣室

男子更衣室

喫煙コーナー

喫煙コーナー

仮設トイレ

仮設トイレ

 現地に到着するとプレー料金は9時~13時の午前の部、13時半~17時半の午後の部、18時~22時夜の部、いずれも4千円。
4時間で4千円というと千葉県のフィールドでの料金、一日3千円~4千円に比べて高いと思われるかもしれませんが、東京からの場合は往復交通費で5千円前後、それに弾代や昼食代を加えると1万円前後になってしまいます。そのため、僕みたいに都内在住者にとっては時間、お金とも魅力的な金額。
なお、今回はサバゲー場として昼食の手配はないものの、フィールドのある土地と同じブロックや隣のブロックにはコンビニや飲食店が多数あり、上下迷彩服ではない状態ならすぐ近所で昼食が購入できます。上着だけ着替えてちょっと神田グルメを堪能~とできるのは、こういう立地ならではの特典ですね。

 フィールドの条件としては駐車場収容台数は20台分、男女別の更衣室が備えられ、それぞれ2.5m四方の2~3人ほどが一度に着替えられ、喫煙コーナーも2か所あります。ちなみに、トイレは仮設トイレになっていました。
銃の準備や昼食等のスペースであるセーフティーエリアの収容人数は150名。ゲームを行うフィールドは40m×50mで、最大90名でプレーできます。フィールドに比較してセーフティーの面積に余裕があるので軽いピクニック気分でも楽しめそうですね。

レンタル銃
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy