ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダルと交際宣言した山本聖子 華麗なる「格闘一家」の現状は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有が、自身のツイッターで元レスリング選手の山本聖子と交際宣言し、日本中を驚かせている。山本聖子といえば、父はミュンヘン五輪出場の郁栄氏、かつて美少女レスラーとしてアイドル的な人気があった美憂を姉に、格闘家である山本KID徳郁を兄にもつ格闘一族の末っ子だ。山本家の面々は、最近はどんな活躍をしているのか。

 ダルビッシュの交際宣言の相手である山本聖子は、2004年の女子レスリングアテネ五輪代表を吉田沙保里と争った選手だった。高校3年生で初めて世界女王になって以来、4度の世界一を経験している。結婚と出産ののち、ロンドン五輪を目指して現役復帰したものの五輪出場を果たせずにいたが、いまも明確な引退宣言をしないままだ。昨年から米国代表の専任コーチになったため、事実上の現役引退とみられている。

 昨年夏から長男を連れ、米国のナショナルトレーニングセンターがあるコロラド州で暮らしている。別居婚になっていたハンドボール選手の永島英明とは、9月に離婚を発表した。

「日本と米国で離ればなれになるから心配していたんですけど、帰国時には親子で夫の所属チームの応援に行ったり上手に続いているなと思っていたんですけどね。激しい恋愛をするイメージが強いお姉ちゃんとお兄ちゃんと違って、堅実な末っ子という印象だったんですけど。やっぱり、一緒に暮らさないと難しかったのかなあ」(スポーツ団体関係者)

 最近は、ハンガリーへ留学中の長男(18歳)とともにテレビ出演することが増えた姉の美憂は、かつてはアイドル的な人気選手だった。17歳で女子レスリングの世界女王になるとカメラのCMに起用され、美少女ぶりから写真集が発売されたほどだ。21歳で浦和レッズ(当時)の池田伸康と結婚し引退するが、結婚生活は4年でピリオドが打たれた。離婚とほぼ同じタイミングで現役復帰するも、翌年に再び引退している。

 二度目の引退直後は、格闘家のエンセン井上と再婚した。総合格闘技ブームを迎えていたこともあり、新進の格闘家と「アイドルレスラー」山本美憂の結婚は大きな注目を浴びた。二人の結婚は、弟の徳郁が総合格闘家へ転身する際に大きな影響を与えている。2004年アテネ五輪に女子レスリングが正式種目として採用されたのにあわせて再び現役復帰し、五輪を目指すも果たせずに終わった。そして二度目の離婚を経験する。

 その後、2006年トリノ五輪会場を訪れる姿を目撃された美憂は、同じ年の夏にアルペンスキー選手の佐々木明と再々婚した。もうすぐ8歳になる二男、その2歳下の長女は佐々木との間にもうけた子どもだ。ところが、2012年のロンドン五輪を目指して三回目の現役復帰と同時期に佐々木との離婚を明らかにした。このとき、二男と長女とともに拠点をカナダへ移している。

 カナダではスポーツインストラクターをしながら地元の大学レスリング部のコーチをし、地域のレスリング大会に出場している。引退宣言はしていない。

 そして長男の徳郁は、大学卒業まではレスリング選手として活躍していたが、華やかな姉と妹に挟まれ地味な存在とみられていた。しかし総合格闘家の山本KID徳郁になってのち、格闘技ブームを支えるスター選手になった。ところが、五輪出場の夢は断ちがたかったらしく、北京五輪を目指して2007年にレスリングへ復帰するが、試合中に肘を脱臼してしまう。

「肘を脱臼して以来、手首や靭帯などケガが相次いで総合格闘家としての戦績は悪くなる一方です。仕事の調子が悪いときにはプライベートも不調に陥りやすいといわれますが、彼もその通りになってしまいました。結婚して二児をもうけたモデルのMALIAさんと2009年に別れたんです。MALIAの連れ子とあわせて子ども3人に囲まれていたのに、離婚直後は子どもたちとも離ればなれになって寂しそうでしたよ」(格闘技雑誌編集者)

 金網リングで戦う米国の総合格闘技UFCと2011年に契約、総合格闘家としての復活をはかっているが、戦績は3連敗のままケガで欠場が続いている。いま選手としては岐路に立たされているが、経営者としては堅実に実績を積み重ねているところだ。6年前から大田区で「ヤマモトスポーツアカデミー(YSA)」を父と共同運営しており、夏にはカレー専門店もオープンさせた。結婚はまだだが、心を許せるパートナーと一緒に過ごしている。

 恋愛も仕事も充実しているのは子どもたちだけではない。父の郁栄氏も4年前に20歳近く年下の女性と再婚し、子どもや孫が勢ぞろいの披露宴を行った。公私ともに充実している。

 郁栄氏は日本におけるテーピング技術普及の草分け的存在でもある。日本体育大学教授をつとめながら長男の徳郁とスポーツジムを共同運営しているのは前述のとおり。ジムの内装は息子のセンスにあわせた黒を基調としたものだ。ダルビッシュがツイッターで公開したツイッターでの2ショット写真は、このYSAで撮影されたものとみられる。

 山本家の人生は波乱万丈にうつるかもしれない。だが、どんな生活をしていても彼らが何十年も叶うよう願っていることがある。五輪で金メダルを取ることだ。父はミュンヘン五輪に出場したものの、メダルに届かず終わった。子どもたちに願いは託されたが、三人とも出場がかなわなかった。いまは美憂の長男にそれは受け継がれ、まだ10歳に満たない他の子どもたちへも同様だろう。この執念を、果たしてダルビッシュは理解できるだろうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
五輪危機レスリング 米国や日本のスポンサーで存続可能性も
五輪で6種目すべてに男女の区別がない現在唯一の競技とは?
カメラマンが「浅尾美和より断然オシ」という美人アスリート

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP