ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性差別が凄まじい日本に「女子校はあったほうがいい」 めいろま氏の主張に賛否

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Twitterアカウント「めいろま」こと谷本真由美氏が、女子校について持論を展開している。日本では「女子校が必要ない国に比べたら、まだまだ女性差別が凄まじい」ため、女子校や女子大は「あった方がいい」というのだ。

「女子校は男子の目を気にしないで自由に活動できるし、なんでもやらなくてはいけないので自立心が身につく。女性だからどうだと先生もいわない」

女性から「異性の目なしの高校生活は貴重」の声

性別で学校を分けることは性差別を固定化する見方もあるが、女子校育ちのめいろま氏の考えは違うらしい。大学に行った途端に、女子だから「事務やって」「炊き出し担当」「お酌当たり前」「そんなに勉強するの」「そんなに運動するの」といった「共学出身の男女から圧力が凄かった」と明かす。

一方で、英国在住のめいろま氏が「ガイコクにいて素晴らしいこと」と評価しているのは、自立した女性が社会でしっかりと活躍していることだそうだ。

「女性はこうしろ、何歳はこうしろ、こういう見た目ならこうだ、の圧力から逃げられる」

「イタリアやスペインは日本より女性は遥かに強いし、ボリビアやチリの上流階級女性は専門職として大活躍」

この投稿をきっかけに、同じ日本人女性たちからも支持する意見があがった。ある女性は、娘が南アフリカの女子校に通ったことで「ものすごい自立した女性になりました」と明かし、「つくづく異性の目なしの高校生活は貴重だなあと」とめいろま氏に賛同している。

日本の共学校では、男女の社会的役割分担を早くから刷り込まれるので、海外で「異性の目なし」の環境にいると、自らの可能性を狭めなくなるということだろう。女子校では「生徒会長も力仕事も全部(女性が)やる」ので自立を促すという意見もあった。

文科省の学校基本調査によると、1993年には全国に655校あった女子校の数は、2013年には324校と半数程度になっている。めいろま氏の主張に沿えば、日本女性の自立を促す貴重な場所が減っているということになる。
異性の目がないと「下品になる」という意見も

一方で、異性の目がない環境のデメリットについて述べる意見もある。金融経済アナリストの春山昇華氏は、めいろま氏の投稿に先立つ今年9月、ブログに「男女共存は、生き生きとした生命感に溢れた社会を生む」というエントリーをあげている。

「男性だけの会社コミュニティはだらしなく、下品でも許される。飲み会だけにとどまらない下ネタ。これらは、異性の目が無いからはびこる」

「同じ時間、同じ場所、同じ目的で、男女が共存することで、男性だけ、女性だけのコミュニティに比べて、良い刺激が加わり、生き生きとした生命感が増す。その結果、社会は活性化すると思う」

そこでキャリコネニュース編集部は2人の女性に話を聞いてみた。九州の女子校出身の20代の女性は、女性でも「異性の目がないとだらしなくなる」と春山氏に賛同する。しかし、女子校育ちで「自立した女性」になるというめいろま氏の見方には違和感があるという。

「子どものころから、親や地域の人から『女性は可愛げがあって、早く結婚して子どもを産めば十分』『頭の良い女性は可愛げがなくなる』と言われ続けました。上の世代の男性ほど、そうした『女性はこうしろ』という意識が強いと思う」

たとえ女子校で性差のない教育を受けても、周囲の声や環境によって、めいろま氏の言う「自立」が阻害されていると感じるという。さらに女子校・女子大と進学した周囲の女性は、男性を見極める目が養われないため「悪い男に騙される人が多い」という。

学生時代だけ「純粋培養」されても、社会全体が変わらなければ「免疫」がない分、男性社会の論理に飲み込まれてしまうことがあるのかもしれない。
「オンナの涙」を気に留めない時代は来るのか

では、めいろま氏のいう「ガイコク」の女性はどうなのか。カナダで働いた経験のある30代の女性に話を聞くと、カナダの会社は男女平等で「女だから、という要求は一切なかった」と振り返る。

「プライベートで男性は『レディ・ファースト』で必ずドアを開けてくれたり、いわゆる『ジェントル』な気遣いを見せてくれる。でも、仕事には男女関係なく公正な評価が下るので、仮に仕事のミスなどが理由で女性が泣いても誰も気に留めません。そういう環境なので、日本の女性よりも強いと思いました」

仕事が理由で「女性が泣いた」ことに過剰に反応するようでは、まだ男女平等には程遠いということか。この女性は、日本企業がカナダのような「公平性」を獲得するには「あと3世代はかかると思う。私が生きてる間はムリ」と悲観的だった。

あわせてよみたい:米大学研究「不景気になると子作りが先延ばしされ、女性CEOが増える」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP