ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リュックに入る!重さ5キロの折りたたみ電動バイク登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

折りたたみ式の自転車はすでにあるが、このほど資金調達サイトKickstarterに登場したのは、何と折りたためる電動バイク。リュックなどに入れて持ち運びできるのが最大の特徴だ。

■車輪にバッテリー

開発したのは、その名もImpossible Technologyというカナダと中国に拠点を置くスタートアップ。「あり得ない!」商品を開発したいエンジニアとデザイナーの集まりだ。

実際、今回のバイク、かなり画期的。折りたたんだ状態を見ると、「これが電動バイク?」と思うほどの外観で、しかもかなりコンパクト。デモビデオを見ると、1つ1つがシンプルに、そしてうまく設計されていることがわかる。

設計の鍵を握っているのがディスクモーターだ。車輪部分に2900ミリアンペアの軽量バッテリーを10個搭載してる。これにより小型化を実現している。

■フル充電で25キロ走行

最大時速は約20キロ。フルスピードなら45分走行でき、通常のスピードであれば1回の充電で最長25キロ走る。自転車と違って、こぐ必要がないので、ちょっとした移動に便利だろう。

重さが5キロなのもポイント。リュックなどに入れれば十分持ち運べる。例えば、会社までバイクで行って、たたんで机の下などに置くこともできるので、駐輪場所を探す必要もない。

また、電車などで出掛け、公共交通機関のないエリアにバイクで足を伸ばす、という使い方もできそうだ。ただし、日本の公道での使用が可能なのかは不明。

気になる値段だが、Kickstarterでは今なら530カナダドル(1CAD103円換算で約5万4600円)で入手できる。

すでに、目標額5万5000カナダドルの3倍超をすでに集めている人気ぶり。キャンペーンは12月26日まで、集荷は来年の夏の予定だ。世界中どこでも発送してくれるので、興味のある人はサイトをのぞいて見てほしい。

Impossible/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP