ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニッケルバックの新たな可能性を具現化したアルバム「ノー・フィックスド・アドレス」発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全世界でアルバム総売り上げ5,000万枚以上を記録。グラミー賞で9回ノミネートされたほか、カナダのグラミー賞と呼ばれるジュノー賞を12回受賞、21世紀のアメリカでビートルズに次いで2番目に多い売り上げを達成している海外バンド=ニッケルバックが、11月19日に新作「ノー・フィックスド・アドレス」をリリースする。

このタイトル(直訳すると、住所不定)というタイトルには、バンドが音楽シーンで長く活躍できているヒントや、何百万人もの世界中のファンを魅了している理由が隠されている。

スイスのチューリッヒ、スウェーデンのヨーテボリ、イギリスのロンドン、サリー、デンマークのコペンハーゲン、ドイツのベルリン、ハンガリーのブダペスト、カナダのバンクーバー、トロント、アメリカのロサンゼルス、カパルア(ハワイ)など、新作の全11曲のソングライティング、レコーディングは世界の様々場所で1年以上かけて行われた。

「何ヶ月も何ヶ月もずっとスタジオに缶詰めにされているより、いろんな場所に行って経験を深めたかったんだ。そこが南の島でも、イタリアやスウェーデンのホテルの部屋でも、どこかの国に借りた家でも、実際にそこに行くことで制作作業に変化が出る。

作曲やレコーディングのために、あらゆる場所へ行った。文化や食事、環境だけでなく、気候も含めその土地が持つ雰囲気が、考え方に大きく影響するんだ。その経験が音楽に深みを与えたと思う」とマイク・クルーガーは語る。

世界的な名声を手にすると過去のヒット曲に頼りがちになるバンドが多くいる一方で、ニッケルバックは精力的に制作活動を続けている。

こうした制作への前向きな姿勢は、バンドの故郷であるカナダのアルバータ州ハンナという小さな町で磨かれた。バンドの活動初期には壊れかけの古いワゴン車を自分たちで運転し、カナダの町から町を回りながら小さなクラブで演奏していた。

当時の週の稼ぎは300ドルと数杯のビールだったという。それが、ここ十数年は一晩で35,000人を超える熱狂的なファンが演奏を聴きに集まるほどに成長した。それでも彼らの音楽制作への衝動は鎮まることはなかった。

「俺たちは運がいいと思う。始めから、自分たちの音楽を何か一種類だけに絞り込んで苦しむようなことがなかった」チャド・クルーガーは続ける。

「その一方でここまでの成功を手に入れて、それほど懸命になる必要はないと思う人もいるかもしれない。だけど、ファンはそういうことに敏感だ。だからスタジオに入る時はいつでも、ファンのことだけを考えてる。これから作るアルバムを、今までのニッケルバックのアルバムの中で一番好きだと言ってほしいから。そのためにいつも懸命に努力しているんだ」

結果として、この試みが新作を今までのニッケルバックのサウンドを保ちつつ、唯一無二の新しいレベルへと押し上げられている。トレード・マークといえる骨太なロックサウンドと胸を打つバラードの要素は残しつつ、新しい可能性を具現化したニッケルバック。「ノー・フィックスド・アドレス」(ノー・フィックスドには型にはまらない、という意味もある)は、そんな彼らにふさわしいアルバム・タイトルといえる。

リリース情報

アルバム「ノー・フィックスド・アドレス」
2014年11月19日発売
CD+DVDデラックス盤 UICU-9080 3,100円+税
通常盤 UICU-1259 2,450円+税

iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/no-fixed-address/id932480924

「エッジ・オブ・ア・レヴォリューション」ミュージック・ビデオ

関連リンク

ニッケルバック 日本公式サイトhttp://www.universal-music.co.jp/nickelback

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP