ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【日米野球】侍ジャパンは日ハム・大谷先発!残り2戦注目のメジャーリーガー5人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日米野球も後半戦、侍ジャパンとMLBオールスターズの対戦も残り2試合。4戦して日本3勝と「あれメジャー弱くね?」という意見もチラホラだが、シーズンオフに急造チームや長期の遠征などまあ色々あるんです・・・とは言え数週間前までワールドシリーズを戦っていたメンバーも含めた一流のプレイヤーたち、残り2試合この選手たちに注目しよう。

■エバン・ロンゴリア(タンパベイ・デビルレイズ)
川崎宗則曰く「登場テーマ曲が怖い」というロンゴリア。彼のテーマはタントリック「Down & Out」という曲ですが、バイオリンのイントロとへヴィなリフが非常にカッコいい。この長いロードでも安定してバットが触れている印象だ。メジャーの4番打者の本気を是非目に焼き付けて欲しい。

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=twG46K1wbLQ

■ホセ・アルテューベ(ヒューストン・アストロズ)
ア・リーグ首位打者&最多安打の2冠。160センチと小柄な体格で再三紹介されているアルテューベだが、とにかく一生懸命なプレイと類まれな反射神経の持ち主。

■ヤシエル・プイグ(ロサンゼルス・ドジャース)
キューバでの野球キャリアを経て2013年に衝撃的なメジャーデビューをしたプイグ選手も今回のメンバーに。守備も打撃もダイナミックでこれが世界のベースボールという醍醐味を感じさせるプレイに注目だ。

■サルバドール・ペレス(カンザスシティ・ロイヤルズ)
最高のキャッチングと強靭な肩で、ロイヤルズ躍進を支えたペレス。ワールドシリーズ進出キャッチャーということを考えると今年のメンバーの中でもベスト・オブ・ベストの一人といえる。

■ジェレミー・ガスリー(カンザスシティ・ロイヤルズ)
日系4世という日本に馴染みがあるガスリー投手だが、今回が初来日。母方のルーツの地、広島に行ったり、青木選手とカラオケ行ったり日本を満喫しているようだが、この人も今年のワールドシリーズを戦ったピッチャー、最後はしっかり魅せてくれそうだ。

【動画】http://youtu.be/qMcW68E2E14
Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP