体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴジラ60年の歴史を振り返る 第3回(全7回)

第2回の続きです。

 【第7章・・・第一次怪獣ブーム】
 
 それまで東宝怪獣映画で特技監督を務めていた円谷英二は、自身の会社である円谷特技プロダクション(本稿では便宜上、円谷プロと表記させて戴きます)を設立して、新しいジャンルであるテレビへの進出を狙っていました。そして1964年に制作し始めたのが『ウルトラQ』(制作当初は『UNBALANCE』という題名だった)です。

【関連:ゴジラ60年の歴史を振り返る 第2回(全7回)】

 特技監督には元松竹の川上景司の他、大映で『宇宙人東京に現る』『釈迦』『鯨神』の特撮に携わった的場徹、東宝の特技キャメラマン・有川貞昌、東宝の本篇キャメラマン・小泉一を招きました。
円谷プロは東宝色が濃かったので、俳優陣は東宝のオールスター(佐原健二、田島義文、小泉博、久保明、平田昭彦、土屋嘉男、野村浩三、髙田稔、田崎潤、藤田進、村上冬樹、小杉義男、若林映子、江原達怡、黒沢年男、黒部進、田村奈巳、沢井桂子、八代美紀、高橋紀子、伊藤久哉、堺左千夫、松本染升、大村千吉、桐野洋雄ら)。
スタッフの顔触れを見ると、東宝の特技美術スタッフ・渡辺明、井上泰幸らの名前が見えます。
特撮面では、東宝特撮映画のライブフィルムの流用や、東宝特撮映画で使われた縫いぐるみ等の流用が見られ、ラルゲユウスの都市破壊シーンは『ラドン』、スダールの描写の一部は『キングコング対ゴジラ』のライブフィルムの流用で、ゴジラを改造したのがゴメス、ラドンを改造したのがリトラ、バラゴンを改造したのがパゴスなどといった具合です。

 本稿はゴジラ60年の歴史を振り返るという性質上、東宝と『ウルトラQ』の関連性の話ばかりになってしまいましたが、『ウルトラQ』は独創的な魅力に溢れた作品です。その源泉の1つが、成田亨デザイン、高山良策造形によるウルトラ怪獣です。単に恐ろしいだけではなく、どこかユーモラスな雰囲気を漂わせたウルトラ怪獣こそ、『ウルトラQ』の人気の理由の1つでしょう。

 さて、この『ウルトラQ』は、全話撮影し終えた後、話数をシャッフルして1966年1月2日から武田薬品提供による東京放送のタケダアワー(最近まで『さんまのスーパーからくりTV』を放送していた枠)で放送されました。『ウルトラQ』は、それまで映画館で1年に1~3回しか見られなかった怪獣が、ほぼ毎週テレビで無料で見られるという革命的な番組でした。
『ウルトラQ』がきっかけで空前の怪獣ブームが勃発します。この時の怪獣ブームを第一次怪獣ブームといい、1967年まで続きました。

 1966年4月17日には大映が、大映東京撮影所制作の『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』(本篇監督・田中重雄、特撮監督・湯浅憲明、音楽・木下忠司)と大映京都撮影所制作の『大魔神』(本篇監督・安田公義、特撮監督・黒田義之、音楽・伊福部昭)を2本立てで公開。特撮映画2本立てという日本初の偉業をやってのけました。
大魔神の縫いぐるみと、バルゴンの縫いぐるみは、『ウルトラQ』でも活躍した高山良策が作っています。
『ガメラ対バルゴン』のタイトルクレジットでは「特殊撮影」という見出しの下に「監督 湯浅憲明」と表記され、更に特撮スタッフが表記されています。大映東京撮影所制作の映画『あゝ海軍』『あゝ陸軍隼戦闘隊』(共に1969年)のタイトルクレジットもこの方式です。
一方、『大魔神』のタイトルクレジットでは縦書き2枚タイトルで「監督 安田公義 特撮監督 黒田義之」とクレジットされました。但し、黒田監督の字は小さくなっています。昭和20年代の映画のタイトルクレジットで、監督の脇に小さいフォントで助監督の名前がクレジットされることがありますが、あんな感じですね。映像作品のタイトルクレジットで特撮監督という肩書が使われるのは恐らく『大魔神』が日本初の事例ではないでしょうか。
特技監督という肩書が東宝映画のタイトルクレジットに現れてから11年間、大映、東映、新東宝、松竹、日活における特殊技術班の監督は、特殊技術または特殊撮影という肩書だったり、昭和30年代の東映映画における矢島信男監督のようにタイトルクレジットに名前すら載らない事例も少なくありませんでした。

 1966年7月1日には東映東京撮影所制作の映画『海底大戦争』(本篇監督・佐藤肇、特撮監督・矢島信男、音楽・菊池俊輔)が公開。

 話はまたテレビ界に戻りまして、『ウルトラQ』が高視聴率を獲得していたことに伴い、『ウルトラQ』の裏番組であるフジテレビのアニメ『W3』(原作・手塚治虫)の視聴率が低下。フジテレビは東京放送及び『ウルトラQ』に対抗するため、手塚治虫原作による特撮テレビ番組『マグマ大使』を製作します。
制作プロダクションは、手塚治虫の友人であり、且つ円谷英二と戦前以来の付き合いがある鷺巣富雄率いるピー・プロダクションです。円谷英二は『マグマ大使』の制作をかなり気にかけていたそうです。『マグマ大使』には円谷プロ作品よりも精巧なミニチュアセットが登場するのですが、このミニチュアセットを作ったのが、かつて東宝特撮映画の美術スタッフだった入江義夫です。
『マグマ大使』は1966年7月4日に放送開始。記念すべき日本初のカラー特撮テレビ番組となりました。

1 2 3 4次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy