ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

[Interview] 身につけるだけでストレス管理「Olive Labs」日本と意外な関わり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Karoshi(過労死)なんていう言葉が今では英語やフランス語になってしまうほど、世界でも有数のストレス社会の日本。

毎日のストレスを、ずっと身につけていられるブレスレット型のガジェットで管理できるサービス、「Olive Labs」の開発が話題になっている。

ニューヨークに本拠地を置くアメリカのスタートアップ企業が手がけるサービスだが、日本との意外な関わりがある。この会社は、日系人のHardy Simes (ハーディー・シームズ)氏と、Hiro Ellis(ヒロ・エリス)氏によって共同創業され、クラウドファンディングで資金調達を受け、開発が進んでいるのだ。

「Olive Labs」創業者・COOのHardy Simes (ハーディー・シームズ)氏に話を聞いた。

Q、ずばり、「Olive Labs」とはどのようなサービスですか?

「Oliveは、日常生活のストレス管理を助けてくれるプラットフォームです。

ウェアラブルでストレスと関連するバイオメトリクス(心拍変動、皮膚反応等)を測り、アプリでより効果的なストレス管理をサポートします。 」

■トップクラスのデザイナー x 国際宇宙ステーションの機械電子工学者

Q、そもそも、どのような経緯でこのサービスを始める事になったのでしょうか?御社の設立のきっかけと、このサービスに発展した経歴と共に教えてください。

「現代社会においては、家庭、仕事、時間等、さまざまなストレスを感じる社会になっています。このストレスが、日常生活の Quality of Life(生活の質)に大きく影響している事に気付いたのが始まりです。

自分のみならず、周りの友人や家族へも、同じようにストレスが、身体健康にも影響を及ぼしていました。ストレスをもっと理解し、解決への答えを求め、問題を解決するため、Oliveを設立しました。

創業チームは、二年前にペンシルバニア大学のウォートン(Wharton School of Business)とデザイン学校で出会いました。

世界のトップクラスのデザイナーから国際宇宙ステーションの機械電子工学者までの経験を合わせ、一年以上かけ研究、デザイン等、試作を重ねてきました。」

■偶然のジャパニーズ・コネクション

Q、ちなみに、創業者のお二人は日本とも関わりが深いそうですね?

「私の母は実は日本人で、私は14歳まで日本にいたので、日本語が喋れます。両親は今東京に住んでいるので、私にとっては今でも東京は『故郷』です。

共同創業者のヒロ・エリスは日系アメリカ人です。私たちは2年前にビジネススクールで知り合いました。日本とは全く関係ない所だったのですがね。」

Q、「Olive Labs」リリース日の予定は?

「出荷予定は、2015年11月頃です。」

Q、このサービスを開発中、苦労した点はありますか?

「目に見えない複雑なストレスを、コントロールする事で、生活向上を目指す。限られた時間内で、機能を充実させ、技術面及びデザインを両立させる事が大きな壁でした。」

■クラウドファンディングで資金調達の理由

Q、現在クラウドファンディングで資金を調達中ですね。資金調達の現在の状況と、クラウドファンディングを選んだ理由を教えて下さい。

「クラウドファンディングを選んだ理由は、大きく分けて三つあります。

1)キャンペーンを通じ、低リスクでマーケットの存在を早く証明できる。
2)調達したプリオーダー収益の調達で、資金のハードルが比較的高い製造業でも可能。
3)クラウドファンディングは広告宣伝にとても効果的なプラットフォーム。何百のサポーターとユーザーの声からニーズを把握できて、そのニーズに応えるサービスを発展できる。新しい製品には特に重要です。

10万ドルの目標で、現時点で13.6万ドルを調達しています。」

Q、後の他の企業との提携など、将来の予定/企画を教えてください。

「将来は、消費者向けだけではなく、病院において、ストレス障害の患者への救済。
企業においては、ストレスを軽減する事で、効率を上げる。現代社会の問題の一つであるストレスを、より多くの人達へのサポートを貢献する。
このビジョンを現実化するため、他の企業との提携を検討しています。」 

Q、「Olive Labs」に共感して頂ける読者の方に、出資を募るメッセージを!

「ストレスは、避けられない現実ですけど、Oliveと一緒によりバランスの取れた日常生活を送りましょう。11月29日までキャンペーンを実施中なので、是非検討してください! 」

5年ほど前から次世代ITベンチャーの中心は、 シリコンバレーからニューヨークに移った。その中心地でストレス管理をサポートするハイテク機器を開発している日系人のHardy Simes氏。製品の高いデザイン性と最先端の機能も気になるし、今後の展開が楽しみな企業だ。

Olive Labs

(Writer: Saera Jin)

 

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP