ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鷺巣詩郎、8年ぶりアルバム「SHIRO’S SONGBOOK ‘Xpressions’」2枚組で11/6発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

個性的できらびやか、圧倒的なストリングス・アレンジと音楽性。エヴァンゲリオン・シリーズの音楽担当としてもカリスマ的人気と評価を誇る、作編曲家/プロデューサーの鷺巣詩郎。「SHIRO’S SONGBOOK vers.7.0」(avex)以来となるオリジナル・ソロ・アルバム「SHIRO’S SONGBOOK ‘Xpressions’」を11月6日に発売する。

長いキャリアと膨大な仕事量、そして音楽制作の現場では知らぬものはいない存在感。日本はもちろん世界中のトップ・ミュージシャンから“ファースト・コール”がかかる鷺巣詩郎。その豊富な経験とアイデアをフルに生かした最新ソロ・アルバムが2枚組で登場。エヴァンゲリオンの音楽担当としての顔は当然有名だが、それは鷺巣詩郎という巨大な“音楽山脈”のごく一部であることを思い知らされる内容。

本作は、ここ数年ロンドンのエアー・スタジオ&アビー・ロード・スタジオ他で録りためていた音源をベースにしたもの。参加メンバーはエヴァ・セッションでお馴染みのメンバーによる演奏も多く含まれるためエヴァンゲリオンのスピンオフ盤的な側面も持ちつつ、合唱や世界の名門オーケストラを自在に操ったシネマティックなサウンドで豊かな音楽世界を提示している。

フィーチャリング・ゲストには高橋洋子、Loren、ヘイゼル・フェルナンデス(ジャミロクワイ)、バンジャマン・ルグラン(ミシェル・ルグランの息子)他豪華メンバー揃い。参加ミュージシャンは渡辺香津美、今剛、山木秀夫、エリック宮城、土岐英史、中西俊博、島健、高水健司、松下誠、斎藤ノブ他。さらにザ・ロンドン・スタジオ・オーケストラ、ワルシャワ国立オーケストラ。マスタリングは巨匠バーニー・グランドマン。

ディスク1の煌くようなサウンド、そしてディスク2での多彩な色調を帯びた幅広い音楽性に圧倒される。あらゆる楽器の特性を知りぬいた、凄まじいクオリティのアレンジメントや磨き上げぬいたリズムなど、ワールドワイド・レベルなサウンドが真にプレミアムな輝きを放っている。自身による様々な有名作品の発展形サウンドも収録している。

鷺巣詩郎「SHIRO’S SONGBOOK ‘Xpressions’」収録曲
DISC-1
01_ This Kind of Love
02 _ Going Home_her sights
03 _ Going Home_his sights
04 _ Peaceful Times_the London-Tokyo meeting
05 _ It’s Easy
06 _ Just for Make Believe
07 _ Everything I Lost
08 _ Joyful, Joyful We Adore Thee_verse
09 _ Joyful, Joyful We Adore Thee_choral
10 _ Joyful, Joyful
11 _ Love Overcome
12 _ Have Yourself a Merry Little Christmas
13 _ Variation ‘Sang et Guts’ and ‘Amazing Grace’
14 _ Slip Away

DISC-2
01 _ Yearning
02 _ Number One 2008
03 _ Nothing Can Be Explained_variations
04 _ Lady I Love You So
05 _ Where Your Heart Belongs_choral
06 _ Where Your Heart Belongs_orchestral suite
07 _ Where Your Heart Belongs_guitar
08 _ Django’s Theme
09 _ Magic Touch_combo
10 _ Magic Touch_orchestral suite
11 _ Toi et Moi_combo
12 _ Toi et Moi_suite d’orchestre
13 _ Faubourg Saint-Antoine
14 _ Extase

bonus _ Have Yourself a Merry Little Christmas_message

Information

リリース情報

アルバム「SHIRO’S SONGBOOK ‘Xpressions’」
ジャケット絵コンテ・カヴァー:前田真宏、樋口真嗣
2013年11月6日発売
2CD:YMCL-10015/6 3,200円(税込)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP