体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

田舎をバックパッカー旅してたどり着いた、家賃5000円の能登暮らし

田舎をバックパッカー旅してたどり着いた、家賃5000円の能登暮らし(写真撮影:中川生馬)

先日紹介した石川県穴水町の移住セミナーに参加して(http://suumo.jp/journal/2014/09/18/69562/)移住にさらに興味を持った筆者(編集部K)。実際に移住した方のお話を聞きに能登半島にある人口約9000人の町、穴水町に取材に行ってきました。住まいや暮らし、そして気になる移住先での仕事について紹介します。築50~60年の空き家を自分たちの手で補修して、居心地のいい住まいに

今回お話を伺ったのは、中川生馬さん(35歳)、結花子さん(32歳)、結生(ゆい)ちゃん(1歳1カ月)ご家族。首都圏から穴水町岩車地区に移住して1年半、毎月の家賃が5000円という平屋一戸建ての賃貸物件に住んでいます。

【画像1】中川さんのお宅。能登らしい黒瓦のお家です(画像提供:中川生馬さん)

【画像1】中川さんのお宅。能登らしい黒瓦のお家です(画像提供:中川生馬さん)

この物件、約10年近く空き家で「家を丸洗いした」と結花子さんが表現するように、はじめは人が住める状態ではなかったそう。掃除・内屋根の補修、腐った天井も近所の方の協力のもと自分たちで張り替え。生活用水をひく井戸もすべてきれいにして、住める状態にするまで約1カ月半かかりました。

【画像2】空き家の掃除や補修はとにかく大変だったそう(画像提供:中川生馬さん)

【画像2】空き家の掃除や補修はとにかく大変だったそう(画像提供:中川生馬さん)

【画像3】いまではくつろげる空間に(画像提供:中川生馬さん)

【画像3】いまではくつろげる空間に(画像提供:中川生馬さん)

キッチンを含めると6部屋ある家の中には、ソファや立派なダイニングテーブル、中川さんの仕事場までありますが、自分たちで買ったものはソファひとつと扇風機だけ。あとはすべて前の家で使っていたものか、近所、友人、家族が不要としたものなどのいわゆる廃材をもらったそう。

「手入れする前はゴキブリやネズミの糞もすごくて。妊娠中だったのもあってだいぶ参ってましたけど、いまでは少し家を離れたあとに帰ると『やっぱりここが一番落ち着くね~』と言っています(笑)」と結花子さんが言うのも納得できるくらい居心地のいい空間でした。とはいえ、トイレはリフォームせず汲み取り式のまま。完璧にしようと思うとキリがないのでどこかで妥協は必要なのだそうです。畑でつくった野菜や地元の魚・山菜など、地域と自然とに寄り添った暮らしを子どもにも伝えたい

そんなお宅に暮らす中川さん一家は、近所の方の畑を少し手伝いつくった野菜、穴水の海でとれた魚、近所の山でとれた山菜、能登島にある民宿の湧水を汲んで飲用水にしていたりと、能登の食や自然に寄り添って暮らしています。

【画像4】近所に住む農家さんの田植えのお手伝い(画像提供:中川生馬さん)

【画像4】近所に住む農家さんの田植えのお手伝い(画像提供:中川生馬さん)

「僕はもともと環境や食に関心があって、その観点で移住先を探していました。能登は野菜も魚も地物が多くて、食のバランスもすごくいいし食文化も豊か。
今は食の安全も不安なことが多いし、『3.11』のときもスーパーからものがなくなって大変なことになりましたよね。そういったときにも自分たちの食べる分は自分たちで確保できる(つくる)ようにしていきたいというのもありました」(中川さん)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会