体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

民族や国籍ってなんだろう。問い続けた映画監督、キム・スンヨンの思い

こんにちは。TRiPORTライターの赤崎です。

日本人の多くは日本で生まれ育ち、日本で一生を終えます。しかし、もし自分が日本人でありながら、別の国で生まれ、大人になり、その国の言葉しか話せないならば、あなたは自分の事を「どこの国の人」だと認識するでしょうか? また、他の人はあなたを「どこの国の人」だと思うでしょうか?

そんな葛藤を抱きながら、作品作りをしている在日韓国人三世の映画監督、キム・スンヨンさんにお話を伺いました。

自分が韓国人である事に向き合えなかった

004

── 最初にキムさんの簡単なプロフィールをお願いします。

1968年生まれ、滋賀県出身の在日コリアンのドキュメンタリー映画監督です。でも、コリアンと言っても日本で生まれ育ちましたので、韓国語はほとんど知らないんですよ。民族性を大切にしなさいと言われるのがとても重荷で、それに反発するように韓国語も勉強しなかったんですね。
だけど旅番組が好きで、外国に憧れて、大人になってバックパッカーとしていろいろな国を周るうち、どんどん世界が広がっていって、日本人と外国人の隔たりが無くなっていくのを感じました。今まで反抗していただけで、自分が在日韓国人であるということに向き合えないで生きて来たことに気づきました。

そんな時に世界一周に出たんですけども、途中チベット問題と出会って、歴史の教科書に載っている過去の問題じゃないってことがよく分かった。僕と同じ年齢のチベット人が拷問被害にも遭っていた。この事実を日本人の人たちにも知ってもらいたいと思って、持っていたビデオで撮影をし始めたんです。
そしたら、撮影している途中でダライラマが出演してくれて、同行取材を許してくれたんですね。帰国してから一本の映画をつくり、そこから僕は映画作家になったんです。

── じゃあ、もともと映画監督を志していた訳ではなかったんですか?

それまでは鍼灸接骨師でした。全然違うでしょ?(笑) 鍼灸接骨の学校にいながら、毎年春になったら2ヶ月間バックパッカーとして旅をしていました。

ただ学校の卒業時期が近くなってきたら、働きだしたらもう旅に行けないかもしれない、と思って最後の我儘じゃないけど「中国、上海の中医薬大学の鍼灸科に2年間留学する」と言って親を騙して、200万円貰って世界一周に出たんです。

── バレちゃいますよね?(笑)

そう。でも一生に1回のことですし、今までずっといい子ちゃんだったから1回ぐらい許して、と思っていました。けれど、世界一周旅行のつもりが、西がインドまで行って帰って来ちゃいました。更に西へ行くつもりだったけれど、そうすると映画が完成しない、映画を広めることが出来ないかもしれない、日本に帰って伝えなければいけない、という正義感で、結局二年三ヶ月間の旅行になりました。

人権侵害を目の当たりにしたチベット

tibettibet_dvd-jacket

── 一番最初にチベットの実情を目の当たりにした時に、見る人にどう受け取ってほしいとお考えでしたか。

チベット人が人権侵害に遭っているということを伝えたいって言う一心でしたね。そのためにいろいろ考えた結果、一人旅を通じて見えてくる、チベットの“声”と“民族性”を紹介するドキュメンタリーロードムービーにしました。それが『チベットチベット』(2008年再編集作品)です。

── 日本にいたらあまり身近に考える人は少ないと思います。

そうですよね。チベット人の人権について伝えたいと思って一人ひとり、証言する様子をビデオに撮るんですが、そういうインタビュー集を見ただけでは心に響かないと思うんですよ。「すごいこと言ってるな」と思うけど、見終わった後に「遠い世界の遠い国で起こっている、自分と関わりのない話だ」で終わってしまう。

だから『チベットチベット』の映画に、今、人権侵害が行なわれている場所まで見ている人を乗せて連れて行く必要があったんですよ。だから韓国やモンゴルのシーンもあるし、僕がひとりでバックパッカーの旅をしているシーンもあって、香港の返還の日のことも撮っています。僕の目線のままを撮れば、観ている人たちが近くで起こっていることだと感じられると思いました。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。