ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MLB挑戦の金子千尋と鳥谷敬 現地メディアでの評価はどうか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年も日本シリーズ終了とともに、米メジャーリーグへの挑戦を表明する選手が相次いでいる。海の向こうでの日本選手の評価はどうか。オリックスのエース・金子千尋に関しては、米ケーブルスポーツ局のESPNが特集した。

「ESPNはパドレスが興味を抱いているとも報道しました。金子自身はワールドシリーズ第3戦を観戦して気持ちを高めていた。ポスティングになれば上限の2000万ドル(約23億円)でも複数球団が手を挙げるはず」(MLBアナリストの古内義明氏)

 また、日本人投手成功の秘訣である「スプリッター」が持ち球にあるという点も好材料だといわれている。

 もう1人の注目が阪神・鳥谷敬だ。複数球団が興味を示していることは間違いないようだが、ここに来て暗雲が垂れ込めている。『NYポスト』の名物コラムニスト、ジョエル・シャーマン氏は、「グラブさばきに定評があるが、打者としての力は限定的」とするなど、諸手を挙げて歓迎する空気はない。

「メジャーでの日本人内野手は過去に西岡剛、中島裕之と期待外れが多く、そのトラウマがまだ払拭されていない。しかし鳥谷には内野ならどこでも守れるユーティリティープレーヤーとしての評価がある。控えながらも成功した川崎宗則に似ているといえます」(MLB研究家の福島良一氏)

※週刊ポスト2014年11月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プロ野球 苗字が「O」で終わる監督は日本一になれぬジンクス
MLB挑戦の鳥谷敬 中島裕之獲得失敗が尾を引くア軍は及び腰
阪神ファンのダンカン 西岡は取っても良いが福留はダメと説明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP