ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嵐LIVEでの二宮和也「足がしびれた」発言の裏で起きたこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本だけでなく世界中からファンが駆けつけ、2日間で3万人を動員した嵐のハワイLIVE。その舞台裏が、11月7日に放送された『嵐 15年目の告白 LIVE&DOCUMENT』(NHK)で明かされた。

 初日となった9月19日(現地時間)、ライブ中盤で『Happiness』など数々のヒットナンバーを披露している時、二宮和也(31才)は大きなアクシデントに見舞われていた。

二宮和也(31才)「もう足がしびれちゃってダメだ」

櫻井翔(32才)「ニノどうしたの?」

スタッフ「腰やっちゃったって。左足がしびれて」

 その時ニノに何が起きていたかを、あるテレビ局関係者が明かす。

「足が肉離れを起こしたせいで、腰まで痛めてしまったんです。ニノはもともと腰の筋肉が細く、番組本番中、マイ座布団を敷いて座ることもありますし、前屈みになれず、他のメンバーが靴紐を結んであげることもあるんですよ」

『Monster』という曲では、当初メンバーはステージの下からジャンプしてステージに登場する演出だった。

「ニノは“大丈夫”と言い続けたんですが、松潤がジャンプなしでいこうと提案した。それにみんなが賛成して初めて、ニノは“本当にいいの?”って聞いたそうです」(番組関係者)

 その時のことをニノはこう振り返っている。

「もちろん痛いしつらいけど、自分たちが何かをするときにお金をいただく行動っていうのは、この時間にお金を払ってもらっているものだと思ってるから、その時間を自分たちが預かっている時に、自分の理由でクオリティーを下げたりすることは許されないと思ってる」

 これまでもニノは腰に爆弾を抱えながらステージに立ち続けてきた。ある舞台ではコルセットを巻いてステージに立ち、痛み止めの注射を打つときもあったという。またある映画の撮影現場では、杖をついて歩いていたこともあった。

 彼がそうまでできるのは、大野智(33才)の言葉が支えになっているからだと前出の番組で明かした。

 2002年頃、嵐が波に乗り切れていない状況を打破すべく、一度仕事や生活を全部ゼロにしようと話していた時のことだった。大野は「嫌だ」と言い張り、こう言ったのだ。

「今、目の前にあることを頑張れないやつが何を頑張れんだ」と――。

「ハワイライブ初日の夜は、関係者を招いての食事会があり、もちろんホストは嵐でした。でもニノは次の日のライブを考えて、“ひと足先に帰らせていただきます”ときちんと挨拶を済ませてホテルへ帰ると、部屋で腰の治療をしていたそうです。

 しかし次の日は嵐のような大雨となって、ただステージを歩くだけでも足や腰に負担がかかりますから、ニノにとってはかなり過酷な状況だったはず。でも彼は一度も、“痛い”という言葉を口にしなかったそうです」(前出・テレビ局関係者)

※女性セブン2014年11月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
TOKIOお下がり着る嵐 松潤は長瀬短パンで櫻井は山口袖なし
夏フェス ダイブをしたら連行され説教くらい追放処分になる
金本知憲氏 「CSの阪神VS広島戦は阪神が有利」という根拠は

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP