ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・フー、活動50周年を記念してOculus Rift専用アプリをリリースへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ザ・フー、活動50周年を記念してOculus Rift専用アプリをリリースへ

posted by Jay Kogami

ザ・フー、活動50周年を記念してOculus Rift専用アプリをリリースへ。アルバムと連動した3Dヴァーチャルリアリティが体験できる

ザ・フーがVRヘッドセット「Oculus Rift」専用のアプリを2015年初めにリリースすることが発表されました。

ザ・フーのバンド活動50周年を記念して制作される3Dインタラクティブな公式アプリ「The Who」は、Oculus Riftを付けるとザ・フーの世界観が音楽と共に3Dのヴァーチャル体験として楽しむことができるようになります。またOculus Rift版リリースに先駆けて、無料のiOSAndroidアプリが先日リリースされました。

バンドのマネジメント会社Trinifold Managementはユニバーサルミュージックとアプリ開発会社Immersiveと協力して、最新のベストアルバム「The Who Hits 50」と連動して、リスナーがザ・フーの世界観を3Dイメージや未発表写真を通じて楽しめるアプリを開発しました。またこのアプリはユーザーのiTunesやSpotify、Rdioなど他社サーヴィスとも連動します。

Oculus RiftアプリではOculusとヘッドフォンを着用してザ・フーの楽曲を再生すると、マジックバスやソーホー地区などのイメージ、歌詞、楽器などがヴァーチャルの世界で楽しめます。

今後ザ・フーのOculusアプリは、ライブ映像などツアーとも連動してコンテンツを拡充し、バンドの活動と並行してアップデートされる予定です。

現在はFacebookの子会社になったOculus Riftは、来年には一般向け製品の発売を開始すると予想されています。

日本でOculus Riftを使った音楽のプロモーションでは、倖田來未がシングル「Dance in the Rain」のMVを世界で初めてOculus Rift用に制作しています。

■記事元http://jaykogami.com/2014/11/9919.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。