ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「みなさんを代表してもらって来ました」加山雄三、中野サンプラザ公演で旭日小綬章をお披露目

DATE:
  • ガジェット通信を≫
「みなさんを代表してもらって来ました」加山雄三、中野サンプラザ公演で旭日小綬章をお披露目

2014年4月11日に喜寿を迎えた加山雄三が、11月10日の伝達式後、はじめてのコンサートを11月15日に中野サンプラザで開催した。

ツアー形式としてはFINALの全都道府県ツアーを行っている加山雄三。伝達式後、はじめてのコンサートとなった東京・中野サンプラザ公演のステージ上で、「77歳になってえらいものをもらっちゃいました」と語りながら、11月10日に受章した旭日小綬章を2200人のお客さんにお披露目した。「親父を超えようと思い、頑張ってきてここに立っているわけですが、みなさんの支えがあったからです。ありがとうございます」そして「旭日小綬章は、みなさんを代表してもらって来ました」とファンへの感謝を語った。さらに受章の喜びを共有すべく、旭日小綬章を手に持ち、会場に集ったファンの方との記念撮影も行われた。会場内は、「おめでとうございます」というお祝いの声が次々と送られる一方、<旭日小綬章 受賞おめでとうございます>という横断幕を用意したファンの姿も目にすることが出来た。

コンサートは、喜寿を迎えたとは思えないパワフルさでスペシャルバンドを従え、自身もギターを演奏しながらテンポよく「お嫁においで」や「旅人よ」、「Yesterday」、「海 その愛」などの自身の名曲たち全45曲を披露。満員の会場は、お祝いムードもあいまって、万感の拍手で包まれ素晴らしい空間が形成されていた。

なお、この日披露されたセットリストは、8月に行われた、「加山雄三 LIVE in 日本武道館」から引き継がれている。この日本武道館公演での演奏した全45曲と桑田佳祐との共演シーンや人気曲10曲を抜粋した映像を収録した「若大将EXPO~夢に向かって いま~ 加山雄三 Live in 日本武道館」も10月15日に発売されている。今回のファイナルツアーに足を運ぶことが出来ない方はもちろん、若大将のステージを見たことがない方は、このCDを聴いて“永遠の若大将”加山雄三を体感して欲しい。

■リリース情報
「若大将EXPO~夢に向かって いま~ 加山雄三 Live in 日本武道館」

2014年10月15日発売
/ MUCD-1305~1307 / 4,630円+税

“若大将EXPO”メイン企画の武道館コンサートを音と映像で収録
昨夏行われた加山雄三 喜寿記念の一大イベント”若大将EXPO”の中心企画である「加山雄三 LIVE in 日本武道館」を音と映像でライブ収録。CDには当日の演奏曲45曲すべてを収録。DVDには人気曲10曲を抜粋し、アンコールでサプライズゲストとして出演した桑田佳祐と加山雄三の共演映像も収録。往年の名曲から最新シングルまで、加山雄三の魅力のすべてを網羅したCD+DVDが登場。

関連リンク

加山雄三 オフィシャルサイトhttp://www.kayamayuzo.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。