ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初音ミク痛ベンツが低価格で出品! 安さのヒミツを聞いた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 メルセデス・ベンツ SLKクラスをラッピングしアレンジを施した「初音ミク痛車」がヤフオク!に出品され、ネット上で話題になっている。

 出品者はオークション歴10年のmanx_catさんだ。個人売買のため、消費税やリサイクル料、重量税、自動車税込みで即決価格60万円という値段でこの痛車を出品した。

 通常、痛車のフルラッピング費用は40万円はかかるという。車本体の価格と合わせるとあまりの安さにネット上では「これは安い」「色々勘繰ってしまう」など反響を呼び、ヤフオク! ページへのアクセス数も1万を超えた。

 そこで今回、出品者のmanx_catさんに取材を試みた。manx_catさんは、美ッ冨士自動車工業株式会社の事業の一環で、ご夫婦でレンタカー店を営む経営者でもある。

 この痛車が誕生した背景について、「実はこの車は、お客さまに安く気軽に痛車を経験していただきたくて、昨年オープンした『100円レンタカー鶴舞店』にてデビューする予定でした。しかし、私自身がこの車にラッピングする際に、イラストに対するライセンスを取っていなかったのです。事前にいろいろ調べてラッピング業者とも話し合い、大丈夫だろうと思っていましたが、認識が甘かったようですね。事後報告でピアプロさん(※注1)とも話し合ったのですが、許諾には至らなかったため、法人としてのレンタカーデビューは諦めて、私個人が買い取ることにしました」と詳しい事情を教えてくれた。

 さらに「少しでも気に入ってくださった方に乗っていただければと思い、儲けなしでヤフオク! に出品しました。実車は写真で見る以上に可愛くてカッコいいです。ステキな方に嫁いでもらいたいと切に願っております」と出品の経緯を明かすと共に、車への思いを語る。

 残念ながら一度目のオークションでは最低価格に届かず落札はなかったが、現在は赤字覚悟で値下げして再出品中だ。

注1: クリプトン・フューチャー・メディア株式会社が運営するサイト。クリプトン社のボカロを利用する際のガイドラインを示し、窓口となっている。

■関連リンク
人気の保育士が明かした秘蔵ネタ
新機軸のピザが生まれたきっかけ
ニトリのアイコンに疑問が続出

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP