ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀牙伝説WEED×怒髪天コラボTシャツ、FUÜDOBRAINで数量限定発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

銀牙生誕30周年×怒髪天結成30周年特別企画として、銀牙伝説WEED×怒髪天「走れ!WEED」スペシャルコラボTシャツが数量限定発売で登場、FUÜDOBRAINのHPで予約を開始した。

2014年、週刊漫画ゴラクは創刊50周年を迎えたと同時に、看板作品として現在もシリーズ連載が続行中の『銀牙伝説WEED』が奇遇にも2014年に、シリーズ第1作目『銀牙~流れ星銀』から数えて誕生30周年を迎えるというめでたいダブルパンチが実現したが、それだけで終わらない企画が登場。

2005年に『銀牙伝説WEED』アニメ化の際主題歌を担当した怒髪天が、なんとこれまた今年2014年で結成30周年。もはや必然としかいえないこのタイミングを逃してはならないと、ゴラク商會と、実店舗にて同商品のカラーバリエーションを展開し怒髪天とも旧知の仲であるFUUDOBRAINがタッグを組み、ダブル30周年のスペシャル・コラボレーションTシャツのリリースが実現した。

企画立案には、怒髪天ヴォーカリストの増子直純と公私共に親交の深く、去る10月20日(怒髪の日)に、中野サンプラザで行われたワンマン・コンサートでも特製の結成30周年記念Tシャツをデザインした”プロゴラク読者”代表であり、かつてW☆INGや大日本プロレスのTシャツを手がけてきたこともでもお馴染みのエクストリームなデザイナー、植地毅を召還。今回のスペシャルコラボでも、ネタ出しからデザイン行程までの全てを担当している。

しかもフロントプリントのイラストは、今回のコラボTシャツのためだけに『銀牙伝説WEED』の作者・高橋よしひろ先生が直筆で描き下ろし! 『銀牙伝説WEED』に登場する名犬、もとい名キャラクターたちを怒髪天メンバーのイメージに重ねた、まさに奇跡のコラボレーションを象徴するイラストに仕上がっている。もちろん本物の証しとして、高橋よしひろ先生の直筆サインもプリントされている。またバックプリントには、2005年に放送されたアニメ『銀牙伝説WEED』にて、怒髪天が手掛け話題となったオープニング主題歌「銀牙伝説WEED」(作詞:増子直純/作曲:上原子友康/編曲・歌:怒髪天/コーラス:怒髪少年少女合唱団)における、疾走感溢れる歌詞のサビ部分と、菊池茂夫撮影による怒髪天メンバー4人のアーティストショットを配置。シンプルかつド直球な、怒髪天ファンにも銀牙ファンにも喜ばれるデザインとなっている。

今回の商品もゴラク商會WEBサイト並びにFUUDOBRAINのみでの期間限定販売。定番のTシャツに加えて、スポーティーなビジュアルのラグラン(ベースボール)七分丈袖シャツも登場。ゴラク商會、FUUDOBRAINではそれぞれ恒例の色違いバリエーションを発売。まさに今年だからこそ実現した奇跡のアイテム、最初で最後の奇跡のタイミングでの商品化をお見逃しなく。

「銀牙伝説WEED×怒髪天コラボTシャツ」は、現在絶賛予約受付中。11月25日正午までの受付となるので、今すぐサイトにアクセスしてみよう。

・「銀牙伝説WEED×怒髪天コラボTシャツ」
http://fuudobrain.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=131713&csid=89

また、FUÜDOBRAINと怒髪天のコラボTシャツとして、先月の中野サンプラザ公演で先行販売された髑髏Tシャツ&天狗Tシャツの別カラーをそれぞれ販売。こちらの予約はすでに締め切られたものの、12月中旬にFUÜDOBRAIN高円寺店頭、WEBショップでのみ、限定枚数販売される。

髑髏デザインは、今、音楽シーンの中でも最も注目されているグラフィックデザインチームの一つ、”VK DESIGN WORKS”でお馴染みのVERDY氏の描き下ろし。天狗Tシャツは怒髪天の1stデモ・カセットテープのジャケットデザインで、80年代中盤~の宝島誌に掲載されていた広告に頻繁に使用されていたもの。バックプリントの写真は、1991年の名古屋MUSIC FARMの会場裏にて菊池茂夫が撮影したものだ。上京直後の約23年前のメンバーショットという初期の怒髪天を語るに外せない図案であり、オールドファン感涙もののデザインとなっている。

・髑髏Tシャツ&天狗Tシャツ
http://fuudobrain.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=131713&csid=89

・怒髪天の作品はOTOTOYから配信中!!
http://ototoy.jp/them/index.php/6097

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP