ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最年少で絵画展に入賞した小6の少女に「和製ベクシンスキー爆誕」「間違いなく天才」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

歴史ある絵画展に小学校6年生の女の子が出展、見事、入賞するという驚くべきニュースが舞い込んできた。朝日新聞などが伝えている。

今回、歴史ある絵画展「第82回独立展」(独立美術協会主催)に、最年少で入賞したのは、富田林市立久野喜台小学校の大西茅布さん(11)。彼女は湖のほとりに骸骨がよこたわる構図が印象的な油彩画『月に遊ぶ』を出展、その独特な作風が評価され、今回の入賞となったが、報道などでこの作品を見た人々からは、「まさかの小6www」「すげえセンスだな」「将来が楽しみ」「和製ベクシンスキー爆誕www」「11歳でシュルレアリズムとかすごすぎるだろwwww」「間違いなく天才」と、驚きの声が相次いでいる。
また、大西さんは小学校5年のときにも作品『重源復活』で大阪府立狭山池博物館の『第13回 子ども絵画コンクール』で「特別賞受賞作品」を受賞している。

早くも「天才」の呼び声高い茅布さんだが、そんな彼女は幼い頃から絵が好きで、『ムシキング』のカブトムシを描いたりしていたという。やはり子供というものは、意外なところからその才能を開花させるもの。お子様をお持ちのご父兄は、是非とも我が子に隠された才能を発見して頂きたい。

文・山田浩一

【参照リンク】
「私の情熱、骸骨に込め 大阪の小6、独立展で最年少入選」 朝日新聞DEGITAL
http://www.asahi.com/articles/ASGC66SJFGC6PPTB00M.html 
大阪府立狭山池博物館 第13回子ども絵画コンクール 特別賞受賞作品
http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp/kaiga/kaiga13-04.html 

Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP