ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今度はスマートオーブン!調理法を教えてくれるタッチスクリーン付きの「MAID」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネットにつながるスマート家電が続々と開発されているが、このほど資金調達サイトKickstarterに登場したのは、スマートオーブン。オーブン搭載のタッチスクリーンでレシピを選んで、調理法を教えてもらえるというものだ。

■レシピ読み上げ、音声操作にも対応

MAID」というのがそれ。使うにはまずWi-Fiにつなげ、スクリーンを操作してレシピが集められたMAIDのプラットフォームで作りたい料理を選ぶ。レシピは材料別や料理の種類などで検索できるようになっている。

料理を決めると、材料をどれだけ用意したらいいのかというところから、どの順番で材料をどう扱い、そして何度のオーブンで焼けばいいのかといった手順がスクリーンに表示される。

音声案内もしてくれるので、目が離せないときでもユーザーはそれに従って料理すればまず失敗することはない。

作業する中で一つ前の手順を確認したいときも、スクリーンで操作できる。もし、手が濡れている場合、音声でもコントロールできるのは便利だろう。この音声コマンドは現在、アメリカ英語のみ対応するが、今後他の言語にも対象を広げるとのこと。

■専用アプリから予熱オン!

MAIDの売りの一つが、クラウドにある充実したレシピストア。そこにはクッキング映像も用意されていて、それらをオーブンのスクリーンで視聴しながら料理することもできる。

また、専用アプリでは、オーブンの予熱をオンにしたり、料理が焼き上がった時に端末に通知が届くようにしたりと、かなり便利な機能が満載だ。

開発したスタートアップが「未来型」とうたうこのオーブンに興味を持っている人は少なくないようで、Kickstarterキャンペーンでは、目標額5万ドルをたったの5日でクリアした。現在、449ドルの出資で入手できるようだ。

普通のオーブンでもそこそこの値段はするので、スマートオーブンが買い替えの需要を取り込める可能性はありそうだ。キャンペーンは12月3日まで、商品発送は2015年11月を予定している。

MAID/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP