ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すみれが山下真司おすすめの「牛タンのしゃぶしゃぶ」に大満足!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月4日放送の「バイキング」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前11時55分)、「すみれのひとりオジさま飯」のコーナーで、モデルのすみれさんが俳優の山下真司さんおすすめの「くぼた」駒沢本陣(東京都世田谷区)を訪れた。

 すみれさんは山下さんが食べてほしいという「牛タンのしゃぶしゃぶ」(※注文は2人前から)を注文した。ヘルシーなのに食べ応えのある人気の一品だ。薄くスライスした牛タンは、ややレアでいただくのがベストで、ごまだれにラー油を入れて食べるのが通の食べ方だという。秘伝のごまだれは、ごまペーストにすりごまを追加し、三温糖、特製だしで仕上げている。すみれさんは、しゃぶしゃぶのだしにうどんとホルモン、生卵を加える締めのメニューもいただくことに。提供まで一度も冷凍しない生の国産ホルモンを使用し、小麦粉でぬめりと臭みを減らしているという。

 「牛タンのしゃぶしゃぶ」を食べたすみれさんは「すごいイイ! 信じられない! タレもおいしいです」と味わった。ホルモン好きだというすみれさんは、締めのメニューを食べると「おいしい! 何? このプルプル感! たっぷり! コラーゲンも!」と大満足の様子だった。

■話題のお店に追加取材■

 店頭に飾られる大きな赤ちょうちんが目印の同店。モットーは「安い」「早い」「旨い」で、店内には1970~90年代の歌謡曲や演歌が流れ、大学生やサラリーマン、家族連れといった幅広い客層にとって居心地の良い空間となっている。

 看板メニューは店頭ののぼりにも掲げられている「にくどうふ」(490円 税込み)で「自家製の豆腐を使用しています」と店長の内村さん。じっくりと煮込んだネックとスジは口の中でほろほろと崩れるほど軟らかく、その甘辛い味わいはお酒との相性も間違いなし。飲んだ後の締めにもってこいの「にくうどん」(690円 税込み)も評判だ。そのほか焼き物、煮込み、揚げ物、おつまみなどのメニューが充実していることも人気の秘密。

 これからの寒い季節には、ネック、テール、ホルモン、ハツ、もも肉をじっくり煮込んで牛スープにうまみを閉じ込めた「牛まるごと牛鍋」(1人前 1580円 税込み)をはじめ、「霧島豚のゆずこしょうみぞれ鍋」「あまからすっぱい大山鶏の酸辣鍋」「名物!赤鬼旨辛鍋」(いずれも1人前 1260円 税込み)など、バラエティー豊かな鍋も自慢。忘年会に最適なコースも各種そろうので、団体利用もおすすめだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:くぼた (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:駒澤大学のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:駒澤大学×居酒屋のお店一覧
西麻布の住宅街にある、隠れ家ダイニングバー! 店内には絶品料理と楽しい時間が待っている
薬丸裕英が舌鼓 その味はまるで牛ヒレ!? 高級イベリコ豚を格安で

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP