ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

川畑 要(CHEMISTRY)アコースティックライブ第五弾を開催、意外な過去も告白

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
川畑 要(CHEMISTRY)アコースティックライブ第五弾を開催、意外な過去も告白

自身のキャリア初となるカバーアルバム「ON THE WAY HOME」が12月10日に発売される川畑 要(CHEMISTRY)が、11月14日にMt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREでアコースティックライブを開催した。

「歌心」と題され、今年4月から行なわれている自身のアコースティックライブ・シリーズの第五弾となった今回は、カバーアルバムの中からの楽曲も披露され、「やさしさで溢れるように」(JUJU)、「ORION」(中島美嘉)がそれぞれ初披露され、場内を沸かせた。

また、カバーアルバムでは時代を彩った女性シンガーの楽曲をカバーしているが、ライブでは男女問わず自身のルーツとなった楽曲を紹介していきたいと言い、「レイニーブルー」(徳永英明)、「どんないいこと」(SMAP)のカバーもパフォーマンスした。

「レイニーブルー」をよく聴いていたのは自身の中学時代だと語り、中学時代は軟式テニス部に所属し、地元の葛飾区大会で8強の成績をおさめたことがあるという意外なエピソードも披露した。

アコースティックライブ・シリーズ「歌心」は、12月に「歌心スペシャル」と銘打って、東京・大阪の2都市で5公演行なわれることが決定している。

リリース情報
カバーアルバム「ON THE WAY HOME」
2014年12月10日発売

【初回盤A】[CD+DVD]AICL2789〜91 7,020円

【初回盤B】[CD+DVD]AICL2792〜3 3,780円

【通常盤】[CD]AICL2794 3,240円
※各形態それぞれ別の曲を1曲ずつ収録

<収録曲(※曲順未定)>
1.「やさしさで溢れるように」with Little Glee Monster(JUJU)
2.「ORION」(中島美嘉)
3.「Flavor Of Life」(宇多田ヒカル)
4.「三日月」(絢香)
5.「やさしいキスをして」(DREAMS COME TRUE)
6.「DEAR…again」(広瀬香美)
7.「リフレインが叫んでる」(松任谷由実)
8.「かたち あるもの」(柴咲コウ)
9.「I’m proud」(華原朋美)
10.「HOME」(アンジェラ・アキ)
初回盤A:11.「きよしこのよる」
初回盤B:11.「糸 ― Live”歌心” Vol .4 Ver―」(中島みゆき)
通常盤:11.「心の友― Live”歌心” Vol .4 Ver―」(五輪真弓)

ライブ情報
「KANAME KAWABATA LIVE 2014 -歌心スペシャル-」
【大阪公演】
会場:フラミンゴ・ジ・アルージャ(Flamingo the Arusha)
12月17日(水) 開場 18:30/19:30
12月18日(木) 開場 18:30/19:30

【東京公演】会場:品川プリンスホテル Club eX
12月20日(土) 開場 17:00/開演 18:00
12月21日(日)開場 12:00/開演 13:00 <第1部>
12月21日(日) 開場17:00/開演 18:00 <第2部>

イベント情報
『ON THE WAY HOME』 発売決定記念LIVE&握手会
2014年11月22日(土)イオンモール木更津 (1)13:00 START (2)17:00 START
2014年11月23日(日)タワーレコード 梅田NU茶屋町店 14:00 START 
2014年11月30日(日)アスナル金山 13:00 START

『ON THE WAY HOME』 発売決定記念LIVE&サイン会
2014年12月13日(土)アリオ亀有 イベント広場(1F 屋外)13:00 START
2014年12月13日(土)イオンレイクタウン mori 木の広場 17:30 START
2014年12月14日(日)あべのキューズモール (1)13:00 START (2)15:30 START

※参加方法など詳細は川畑 要オフィシャルサイトにてご確認ください。

関連リンク

川畑 要 オフィシャルサイト:http://kanamekawabata.net
川畑 要 オフィシャルTwitter:http://twitter.com/KanameKawabata

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。