ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

時代を先取り!?「アガット」から送れるクリスマスグリーティングメッセージ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「今年のハロウィンは今までとは違った」と、人々が口をそろえるほど異常な盛り上がりを見せた10月31日。ちょうど週末と重なった、ということが後押しの理由だったのかもしれないが、来年も今年を超えるほどの盛り上がりを見せるに違いない。とにかく、2014年は日本人にハロウィンというイベントが完全に受け入れられた記念すべき年となったといえる。
ハロウィンだけでなく、海外のイベントを積極的に取り入れ日本風にアレンジしていくことは多い。そんな中でも、海外では昔からあるのに日本ではまだまだ普及しているとはいえない習慣もある。
例えば、アメリカではことあるごとにカードを送る。洋画や海外ドラマでもクリスマスやバレンタインにカードを送るシーンを頻繁に見ることができる。日本には年賀状や暑中見舞いがあるが、バタ臭いイベントでカードを送る文化は、まだない。しかし、少しずつ浸透していったハロウィンのように、いつかは日本でもクリスマスカードを送る姿が当たり前になってくるはずだ。
シンプルで大人可愛いデザインが世代を問わず人気なジュエリーブランド「agete(アガット)」のオフィシャルサイトでは、リラックス感とラグジュアリー感漂うブランドのイメージを引き継ぎながら、クリスマスをイメージしたオリジナルムービーに自分で設定したグリーティングメッセージを組み込んで友人や家族に送れる「Gift from you」というサービスを開始した。クリスマスまでの期間限定で、12月26日まで。

ジュエリーは、年の売上の30%から50%がクリスマスシーズンに売れるという。一足早く「クリスマスカード」の文化を持ち込んだアガットでも、「2014Christmas Collection」を発表。18世紀後期~19世紀初期ころの英国、アンティークジュエリーの原点となった時代であるジョージアン時代からインスピレーションを得て生まれたコレクションで、その時代に好んで使われていた、上品で優雅な輝きが魅力のローズカットダイヤと、現在の主流であるブリリアントカットダイヤを組み合わせた新シリーズが登場している。  
彼氏にグリーティングカードを送って、それとなくクリスマスにほしいジュエリーをアピールするのにも便利かもしれない。そうでなくてもこれから普及するこの「クリスマスカード」文化を取り入れて、先進的でハイセンスな自分を演出してみては。
agete 2014 Christmas Collectionhttp://www.agete.com/renew.agete.com/2014christmas/
agete(アガット)http://www.agete.com/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
彼女に言いたい!クリスマス雑学!!
2014年のクリスマスケーキ「トレンド」はこれ! 大阪駅・ルクアで選ぼう
【どっちのミカタ?】クリスマス 3割 一人で過ごす

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP