ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

感動 – 病気の我が子を撮り続けるフォトグラファーの胸に迫る写真

DATE:
  • ガジェット通信を≫

うまく写真を撮るためには、さまざまなテクニックが必要だ。

構図、絞りやシャッタースピードなど、あまりの奥深さに音を上げそうになるが、どうやらテクニックだけで素晴らしい写真がつくられるわけでもないらしい。

アメリカ、ケンタッキー州に住むフォトグラファー、エイドリアン・マレーさんが撮影した、息子エマーソン君の写真が話題を呼んでいる。

エマーソン君は、生後10カ月のある日、突然汗にまみれ、身体がまったく反応しなくなった状態で発見された。

その後、病院で脳の慢性疾患である「てんかん」と診断され、エイドリアンと妻のミシェルは深い悲しみに苛まれる。

「息子が死んでしまうかもしれない」という恐怖のなか、エイドリアンは思い立ち、エマーソン君の写真を撮りはじめることに。

カメラを購入するところからスタートし、誰から撮影技術を教わるわけでもなく、ただ「息子のかけがえのない“今”を残したい」という一心でシャッターを押し続けた。

いきいきとした作品達は、いつしかFacebookなどで注目を集め、世界中の人々に感動を与えるまでになった。

家族の祈りが届いたのか、症状も少しずつ改善に向かっているという。

さらに嬉しいことに、弟が誕生し、エマーソン君は兄になった。

今では、弟と一緒にパパに写真を撮られることを楽しんでいる。

写真は時として“撮り手の鏡”。

エマーソン君のキラキラと輝く表情は、シャッターを切る父の溢れる愛情を映しているのかもしれない。

Adrian Murray
http://www.momentsbyadrianmurray.com/

Facebook
https://www.facebook.com/AdrianMurrayPhotography

写真(まとめ)

The post 感動 – 病気の我が子を撮り続けるフォトグラファーの胸に迫る写真 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP