体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

感動 – 病気の我が子を撮り続けるフォトグラファーの胸に迫る写真

Adrian-Murray-5

うまく写真を撮るためには、さまざまなテクニックが必要だ。

構図、絞りやシャッタースピードなど、あまりの奥深さに音を上げそうになるが、どうやらテクニックだけで素晴らしい写真がつくられるわけでもないらしい。

アメリカ、ケンタッキー州に住むフォトグラファー、エイドリアン・マレーさんが撮影した、息子エマーソン君の写真が話題を呼んでいる。

Adrian-Murray-19

エマーソン君は、生後10カ月のある日、突然汗にまみれ、身体がまったく反応しなくなった状態で発見された。

その後、病院で脳の慢性疾患である「てんかん」と診断され、エイドリアンと妻のミシェルは深い悲しみに苛まれる。

Adrian-Murray-11

「息子が死んでしまうかもしれない」という恐怖のなか、エイドリアンは思い立ち、エマーソン君の写真を撮りはじめることに。

カメラを購入するところからスタートし、誰から撮影技術を教わるわけでもなく、ただ「息子のかけがえのない“今”を残したい」という一心でシャッターを押し続けた。

Adrian-Murray-8 ??????????????????????????????????????? Adrian-Murray-17 Adrian-Murray-2 Adrian-Murray-1 Adrian-Murray-13 Adrian-Murray-3
1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。