ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男祭りLIVEイベント「俺だ!俺だ!いや、俺だ!!」6アーティストが共演、ニコ生では約3万人が視聴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月13日東京TSUTAYA O-WESTで男性アーティスト6組によるLIVEイベント「俺だ!俺だ!いや、俺だ!!」が開催され、同時中継したニコニコ生放送では約3万人が視聴するという数字を叩き出した。

アーティストのセット転換の間には出演アーティストが意外な特技を披露する「俺の●●!!」映像が流れ、会場は感動と笑いに包まれた。

オープニングアクトには関西を中心にLIVE活動を行う、シンガーソングライター金木和也が弾き語りで登場。そのルックスとは対照的に「最初の“俺”、金木和也です!」と、男らしくアピールし10月1日にリリースしたミニアルバムから「ラッキー」など3曲を披露。

続いて、先月「LGMonkees」から改名した山猿が登場。ダンサーとDJの編成で盛り上げると、「今日はどのアーティストを見に来たんですか?ダイスケですか?」と観客イジりで会場に笑いの渦を巻き起こした。

3組目にはwacciが登場。12月にリリースされる新曲「キラメキ」など合計4曲を披露すると、続いてダイスケが登場。1月にリリースされる新曲「愛は散って ライライラライラ」のほか、合計4曲を披露。

曲の間のMCでは「ミュージシャン同士は仲良くなるけどライバルで、絶対に“自分が一番だ”って思っているんです。僕もその思いを強く持っていて、いつか夢の日本武道館でのワンマンライブを実現させたいです!」と高らかに宣言した。

5組目には奄美大島出身・在住の2人組カサリンチュ。登場と同時に「ありの~ままの~姿見せるのは~…、俺たちだー!!」と「Let It Go」の替え歌を披露し、一気に空気を変えた。

最後にRakeが登場し、1曲目にはピアノ弾き語りで「誓い」を熱唱。今月26日にリリースされる「YaMeTa!!!」で、ダンサーを従えながら会場も一体となる振付で盛り上げる。4曲目の「100万回のI love you」では最後に全出演者を呼び込み、全員で合唱し3時間に及ぶ男祭りの幕を閉じた。

開演から同時中継していたニコニコ生放送では、合計約3万人が視聴。“視聴者が多いランキング”で同時間帯2位になるほどの盛り上がりを見せていた。

<「俺だ!俺だ!いや、俺だ!!」セットリスト>
M-1 金木和也「ダーウィン」
M-2 金木和也「ラッキー」
M-3 金木和也「大丈夫」
映像 俺の縄跳び!! ~山猿編~
M-4 山猿「maji SK」 DJ+ダンサー
M-5 山猿「正直者はバカをみる」
M-6 山猿「3090 ~愛のうた~」
M-7 山猿「カジカ」
映像 俺のマジック!! ~Rake編~
M-8 wacci「リスタート」
M-9 wacci「キラメキ」
M-10 wacci「Weakly Weekday」
M-11 wacci「東京」
映像 俺の湯切り!! ~wacci編~
M-12 ダイスケ「流星」
M-13 ダイスケ「あいわな」
M-14 ダイスケ「愛は散って ライライラライラ」
M-15 ダイスケ「ドレミ」
映像 俺の早呑み!! ~ダイスケ編~
M-16 カサリンチュ「OP -やめられないとまれない」
M-17 カサリンチュ「故郷」
M-18 カサリンチュ「New World」
M-19 カサリンチュ「感謝」
映像 俺の早喰い!! ~カサリンチュ編~
M-20 Rake「誓い」
M-21 Rake「風になって ~勇者的浪漫~」
M-22 Rake「YaMeTa!!!」
M-23 Rake「100万回のI love you」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP