ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅で学校で!遺伝子分析を気軽におこなえる小型キットが資金募集中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京都大学の山中伸弥教授が“iPS細胞”研究でノーベル賞を受賞したり、各個人の遺伝子情報、体質に合ったダイエットを提案する遺伝子キットが登場するなど、昨今、遺伝子分析に注目が集まっているようだ。

ただ、“遺伝子分析”と聞くと、どうしても私たち一般人には、専門家たちによって実験室でおこなわれるものであり、複雑な機械を操作するイメージがある。

専門家が使っている機械の10分の1のサイズ・コスト

現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催しているAmplyusは、Ezequiel (Zeke) Alvarez Saavedra氏、Sebastian Kraves氏を中心とする、分子生物学者、デザイナー、エンジニアで構成される開発チームだ。「miniPCR」という、小型の遺伝子分析キットの開発に着手している。

このキットは、バイオ医療の専門家が使用している機械のサイズの、およそ10分の1の大きさしかなく、同時に制作コストも10分の1で済むというから、実に画期的だ。2x5x4インチサイズのポータブルケースに収めて、持ち運べる点もまた便利。


機械を動作させるために、複雑なセッティングをする必要はなく、単にスイッチを押せばよい。装置のコントロールは、「miniPCR」の専用アプリでおこなえるという。

“ポリメラーゼ連鎖反応”を使ってDNAコピー作成

「miniPCR」では、ノーベル賞受賞の技術である“ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)”を用いて、ある特定のDNAサンプルの何十億ものコピーを作成する。DNAコピー装置、ピペットツール、DNAゲル電気泳動、ビジュアライザー装置を搭載している、本格仕様である。

これほどのミニチュアサイズにも関わらず、性能は大きな装置と変わらないというからすごい。持ち運び可能なサイズの遺伝子分析キットは、遺伝子分析を専門施設のものだけでなく、学校や地域の施設や、あるいは個人で使用できるように扉を開いてくれる。

理科の授業や、家系のルーツ探しに

理科の授業に取り入れたり、自分の家系を遡ってルーツを探ったり、犯罪の証拠調査や、食中毒発生の調査などにも用いることができるだろう。資金集めキャンペーンの達成度合いによっては、食品中の“遺伝子組換え”分析をする機能などの追加も視野に入れているという。

「DNA科学を誰でもアクセスできる身近な存在にする」という、開発メンバーたちの夢の実現も目前だ。ただ、“遺伝子”という超個人的なプライバシーを同時に浮き彫りにするものでもあり、だからこそユーザーたちの倫理観、モラルが問われる問題かもしれない。

miniPCR

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP