ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外食チェーン「ちょい飲み」ブームの背景を森永卓郎氏が分析

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「安く飲むなら居酒屋」という常識が変わりつつある。吉野家を居酒屋風に改装した「吉呑み」が快進撃を続けているのをはじめ、これまで食事をする場所だった外食チェーンが「ちょい飲み」に続々参戦している。

 平日の夜7時、「餃子の王将 新橋駅前店」には10人近くのサラリーマンが列を作っていた。店に入るとビールとおかず1~2品を頼み、30分としないうちに席を立つ。こうした「ちょい飲み」がなぜブームなのか。経済アナリスト・森永卓郎氏が大繁盛の店内で分析した。

 * * *
 餃子の王将の東日本の店舗では小皿サイズの「ジャストサイズメニュー」を打ち出しています。ほとんどが1品100~200円台で、生ビール1杯(496円=税込み、以下同)に加えて4~5品頼んでも1000円台に収まります。

 1人か多くても2~3人でやってきて追加オーダーはせずに会計を済ませる。今、そうした「ちょい飲み」が広がる背景には、何よりもまず消費者を取り巻く厳しい経済状況があります。

 株価高騰で好景気に見えますが、現実に起きているのは「実質賃金の激減」です。物価上昇によって事実上前年比3~4%も給料が減っている状況で、戦後最悪のレベルです。そうした中で真っ先に削られるのはお父さんの小遣い。タクシーでは帰れないから飲む時間は短くなり、駅の近くで1~2杯だけ飲むスタイルが広がっています。

 興味深いのはそのニーズを居酒屋よりも、餃子の王将や吉野家などのチェーンが掴んでいることです。

 外食チェーンはここ数年の壮絶な値下げ競争で疲弊し、「消耗戦の先に未来はない」と気付きました。これ以上の安売り競争は難しいが、高級路線に転換しようにも消費者はない袖は振れない。そこで、居酒屋に流れていた層に「うちならもっと安く美味しく飲める」とアピールし、成功しているのです。

 餃子の王将や吉野家はもともと食事をする店だから、料理には自信を持っている。しかもチャージ料金を取らないから安くあがります。

 長居するつくりにしていないので回転率は高い。回転率が高ければ売り上げが立つので、材料の質を落とさない、より安いつまみを提供する、といった試みが可能になり、消費者にはそれがまた嬉しい。そんなサイクルができています。

 学生を連れてこうした外食チェーン店に飲みに行くことがあります。彼らは「そこそこの品質のものを安く食べられれば満足」という考え方です。

 社会学者の古市憲寿さんが2011年に『絶望の国の幸福な若者たち』に書いたそのままの価値観で、哀れな印象は全くありません。このスタイルは今後もっと広がるでしょう。だからこそ、各チェーンはサービスに注力します。消費者がそれを楽しまない手はありません。

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2014年11月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小森純 餃子の王将・下北沢店の餃子を「ホッとする味」と絶賛
全国350店舗の大阪王将 ギョーザのヒダは1つと定めている
餃子専門店 「王将超え」目指し女性客争奪戦が始まっている

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP