ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夫の死に備える妻にとっておきの相続対策は「おしどり贈与」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫の遺産相続は、デリケートな話題だけに、触れずに放置しがち。しかし、法律では、夫が遺言を残さず死んだ場合の相続は、妻が半分を受け取り、残り半分を子供たちで分けることになるのでもめ事がおきやすい。

「子供たちも、もらえる遺産はもらいたいと思うのが自然。現金はなくても、自宅が都市部の土地付き一戸建てなら売却すれば数千万になる。“お母さんはもう1人なんだから、小さい家に引っ越せばいいでしょ”と言い出す子供が出てきてもめるケースは非常に多いです」(税理士法人チェスターの福留正明さん。以下「」内同)

 住み慣れたわが家を、まさか自分の子に追われるとは考えたくない。

「遺言があれば、その内容が最優先されるので、相続人は従うほかありません。できれば、夫が生きているうちに、相続を受ける妻や子供も一緒に話し合い、全員が納得した内容で残すことが理想です。故人の遺志さえわかれば、多少遺族に不満があったとしても納得しやすいのです」

 だが、夫に遺言をリクエストすると、現実的にはどうしても、“財産ほしさ”に死を待っているかのように聞こえてしまい難しいという。そこで、遺言ほどシリアスにはならない、妻にとっておきの相続対策がある。

「通称『おしどり贈与』と呼ばれる生前贈与を活用しましょう。この贈与は、婚姻関係が20年以上ある場合、配偶者へ居住用不動産、もしくはその購入資金の生前贈与が2000万円まで非課税となるのです。仲のよい夫婦が、妻へ生前に遺産を分けようと活用することから、“おしどり贈与”と呼ばれています」

 この贈与を使うと、例えば、夫名義の自宅の不動産価値が3000万円だった場合、2000万円分までを非課税で妻名義にすることが可能に。一部でも妻の財産にしておけば、夫が死んでも自宅が丸ごと相続財産にならずにすみ、子供に売却を迫られても、拒むことができるのだ。

 生前贈与で非課税になるのは、通常年110万円のみ。2000万円もの額が非課税で贈与できるのは、この“おしどり贈与”だけとなる。

※女性セブン2014年11月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
結婚後20年以上経った夫婦限定の「おしどり贈与」の制度とは
相続税増税の前に始めたい毎年110万円以下の「暦年贈与」
生前贈与で孫名義口座に預金しても贈与税対象となるケースも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP