ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

角田光代と穂村弘が本音を語り疑問を投げかけ合うエッセイ集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『異性』角田光代・穂村弘/河出文庫/530円+税

 女は男を理解できず、男もまた女の気持ちがわからない。それでもひかれあう男と女について、それぞれの立場で本音を語り、また疑問を投げかけ合ったエッセイ集。異性に「好き」といえるか? 別れた相手は不幸になってほしいか? など24テーマ。

※週刊ポスト2014年11月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
推理作家・北村薫が芥川龍之介、バルザックらの名作紹介の書
おいしいもので日常を描く本上まなみが書いたエッセイ集
池上彰、児玉清、椎名誠ら23人が本棚について語ったエッセイ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。