ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

警視庁のワンオペ交番で女性警察官が情事 週刊ポストが報道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 首都・東京の治安を守る警視庁。同庁が設置する1084か所の交番の一つで、女性警察官が情事にふけったという前代未聞の醜聞が浮上した。ジャーナリスト・時任兼作氏が11月17日発売の週刊ポスト(11月28日号)でレポートしている。

 牛丼チェーン「すき家」(ゼンショー)の深夜営業を巡る人手不足問題で1人勤務を意味する「ワンオペ」という言葉が知られるようになったが、同様の問題を警視庁も抱えている。複数の警視庁関係者の話を総合すると、“事件”は、このワンオペ交番で起こったとされる。

 記事によると、犯罪多発地帯としても名前が挙がるエリア、若い男性警察官が1人で勤務している交番に20代後半と思しき女性が訪れたという。男性警察官と女性は交番のバックヤードにある宿直用の休憩室へと消えていった。その女性は非番の女性警察官だった、というのである。

 この一件は間もなく本庁の監察担当(警察内の不祥事を取り締まる内部調査機関)の知るところになったようだ。同誌では、問題発覚の背景、この女性警察官の普段の様子や印象についても詳報している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
警視庁公安部 同じ警察官でも詳細分からぬほど秘密主義貫く
「政治家の息子は交通違反を見逃してもらえる説」の真偽
オウム高橋克也逮捕裏に巡査と彼に手柄立てさせたい男性の絆

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP