ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

葬儀費用の目安は約200万 無料の生前見積もり活用を推奨

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本消費者協会の調べによると、葬儀代は全国平均で199.9万円。これだけ高額な支払をする相手を、夫の死後24時間でエイッと決めてしまうのは、実は賭けのようなものである。

 葬儀をどの業者にまかせるかは、夫の生前に話し合っておき、故人の遺志をしっかり反映するための準備をしておきたい。

「葬儀の生前準備をするときは、夫に『どちらが先に死ぬかわからないから、お互いに備えておかない?』と言うと、切り出しやすいはず」(柴田さん)

 葬儀社を選ぶ際は、まず、葬儀に呼ぶ人(呼びたくない人も)をリストアップすると、規模の予測がつき、連絡先も確認できる。さらに、遺影はどれにするか、棺に入れてほしいものはないかなどを聞き、おおよそのイメージができたら、地元の葬儀業者を中心に最低3社にたずねてみよう。無料で生前見積もりをとることができる。

「祭壇や棺のランクはすべて“真ん中で”とお願いしましょう。この際、会葬者の人数などはすべて同じ条件で依頼することが重要です」(柴田さん)

 葬儀社の心ない対応に傷つき、不満が残ったという声もよく聞く。事務所や会場を訪れて、葬儀社の対応や姿勢もチェックできるのが、生前準備のメリットだ。

「事務所が汚いと、遺体安置所も掃除されていない可能性が。また、担当者の人柄はよくても、当日その人が担当してくれるとは限りません。ほかのスタッフの対応もみておきましょう」(柴田さん)

 見積もりがコロコロ変わる業者や、高価格のオプションを押し売りしてくる業者ももちろんNG。

 最近は、一般の会葬者を呼ばず、遺族やごく親しい人だけで葬儀を行う“家族葬”を選ぶ人も増えている。例えば、スーパー大手のイオンが展開する50名程度の家族葬向けプランなら、病院への迎えから納棺、通夜、告別式、火葬、初七日までで50万円弱(料理・返礼品代は別)とかなり割安。

 また、よりコンパクトにと、通夜や告別式も行わない、火葬だけの“直葬”もある。これは火葬前に、近親者のみでお別れをするというもので、20万円ほどの予算。だが、こうしたシンプル葬では、注意も必要と柴田さんは言う。

「葬儀に呼ばれなかった人が悲しみ、後々まで自宅に弔問に訪れることも。家族葬でも告知はし、そのうえで会葬、香典は辞退する旨を伝えることが大切です」(柴田さん)

※女性セブン2014年11月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「葬儀費用は大勢の人を招いたほうが負担減」と専門家指摘
葬儀社の見積もり「葬儀費用100万円」だけでは済まない
「葬儀一式○○万円!」に注意 葬儀費用総予算は平均231万円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。