ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネットに増加のデマ信者 ネットレフリー存在しないのが問題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近話題になるインターネット上のデマ。芸能人の美談デマも多く掲載されている。こうしたネット上に流れる芸能人の美談を信じる人も多い。

 例えば、「フライデー編集部襲撃事件(1986年)後に、ライバルであるはずの志村けん(64才)が謹慎中のビートたけし(67才)の家族やたけし軍団の生活費を工面していた」、「カンニング竹山(43才)が相方の死後も『カンニング』の芸名を捨てないのは、相方の遺族とギャラを折半するため」、「江頭2:50(49才)は10年前に病気の少女を励ますために毎日公園でネタを披露。少女の死後も月に1度のペースで続けている」などがある。

 いずれも本人または所属事務所が否定している。誰がどのような目的で創作したのか。ネットニュース編集者の中川淳一郎さんはこのように語る。

「自作のエピソードをあたかも実話のようにネットで披露し、多くの反響を得ることで満足する『釣り師』がいます。感動する話に弱い一般大衆がフェイスブックなどで『いいね!』を押し、あたかも真実であるかのように広がってしまうのです」

 これらの情報はすべてデマだが、ネット上でまことしやかにささやかれてきた。なぜこれほどまでに「デマ信者」が多くなってしまったのか。評論家の呉智英さんは、「インターネットに“レフェリー”が存在しないことが問題」だと指摘する。

「新聞やテレビなど旧来のメディアは記者が情報を精査しますが、それでも誤報がある。ましてやインターネット上ではそのようなシステムは存在しない。誤った情報でも、昔は少人数の井戸端会議で済んでいたことが、今はあっという間に1億人以上が知ることになる。デマが公的な言論になるのです。ネット上の情報は整理され、精査されてはじめて『知識』になる。今の日本人はそこに気がつかなければなりません」

 デマに流されないために、出典や根拠を確認する癖をつけたい。

※女性セブン2014年11月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「iPhoneレンジで充電可能」とのデマ広がるも修理依頼はゼロ
菅政権ネット規制強化 国民をもっと信用すべきと専門家指摘
「URL投稿でスタンプ無料」などLINEにまつわるデマが拡散

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP