ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国の工作進む香港 児童に共産主義教育施し隠れ党員化企む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、中国の北京政府は様々なルートで香港をターゲットにした秘密工作を行なっている。そうした北京政府の手法を知り尽くしているのが、チベット亡命政権のキャルサン・ギャルツェン議員だ。彼はインドに脱出するまで、中国政府の役人として対チベット人の秘密工作に携わっていた。

「私は工作員が収集した、ダライ・ラマ法王を中心とするインド・ダラムサラのチベット亡命政権の高官や高僧の動静情報を中国語に翻訳したり、生まれ故郷の甘孜(カンゼ)チベット族自治州など四川省内の18か所のチベット族居住区の高僧や寺院の動きを探るなどの仕事をしていました」

 ギャルツェン氏は現在、亡命政権の議会である亡命チベット代表者議会(定員46人)の議員を務めている。15年前に中国を脱出しインドに亡命するまで、チベット人を対象とした秘密工作に従事していた。

 中国の四川省で生まれ育った同氏は高校卒業後、漢族(中国人)中心の四川省甘孜チベット族自治州政治協商会議(政協)に入る。政協職員は地方公務員で、主な仕事は少数民族と漢族の協調工作だ。

 政協では当初、チベット族やチベット仏教関係の会議や、省幹部と僧侶の通訳、チベット語の資料の中国語への翻訳をしていた。その2年後には政協の上部機関である中国共産党統一戦線部の地元支部に配属。ここでも担当はチベット問題で、より政治性が高い党の会議や党幹部と高僧の通訳、北京からの出張幹部の通訳も任された。

 その仕事ぶりが上司に認められ、四川省社会主義学院に推薦され、試験を受け合格。「中国語、中国政治、中国史、中国地理、数学を中心に1991年から2年間、とにかく社会主義思想を徹底的に叩き込まれた」とギャルツェン氏。

 その後、再び統一戦線部に戻る。統一戦線部では中国人民解放軍や公安(警察)部、統一戦線部の工作員が直接収集した機密情報の翻訳や編集作業が任されるようになった。

 こうした中国の特務工作が世界中で最も進んでいるのは香港だ。大陸からスパイを送り込むのはもちろん、少年、少女時代から共産主義教育を施し、隠れ共産党員にして、香港政庁の幹部として育てれば、香港内のあらゆる情報が中国に筒抜けになる。現在の香港政府のトップ、梁振英・行政長官が隠れ党員というのは、香港ではほとんど常識だ。

 経済人もほとんどが中国寄りだ。香港では「スーパーマン」と呼ばれる大富豪、李嘉誠・長江集団会長は党機関紙「人民日報」(電子版)を通じて、繁華街での占拠運動に参加している民主派学生に「自宅に帰れ」と運動放棄を呼びかけているほどだ。李氏ら要人が得た西側の情報はすべて中国に筒抜けと言ってもよい。これも英国植民地時代からの積み重ねの賜物だ。

〈キャルサン・ギャルツェン氏略歴〉1966年9月、中国四川省甘孜チベット族自治州で生まれる。高校卒業後、地元の政府機関に就職。チベット関係の資料の翻訳や会議の通訳に携わる。1999年1月、インドに亡命、チベット亡命政権の研究所に入り、2011年5月から現職。

(インタビュー・構成 相馬勝)

※SAPIO2014年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国によるチベットへの思想教育強まる 過去指導者肖像画配布
石原都知事 来日したチベット亡命政府首相と会談していた
中国女スパイ ダライ・ラマの血液や尿入手、暗殺計画情報も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。