ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google PlayミュージックのWEBサイト版プレイヤー画面にビジュアライザー機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google Play ミュージックの WEB サイト版プレイヤー画面にビジュアライザーが新機能として追加されました。ビジュアライザーは、再生中の音楽にビジュアルエフェクトを追加して見栄えを良くする音楽アプリでは定番の機能です。Google Play ミュージックのビジュアライザーはアルバムアートをズームやパンするエフェクトの「Album Art」と粒子や分子をモチーフにしたエフェクトをランダムに再生する「Particles」の 2 種類から選択できます。ビジュアライザーを有効にするには音楽トラックまたはプレイリストを再生し、画面左下に表示されるアルバムアートにマウスを乗せ、「Album Art」または「Particles」をクリックするだけです。戻る場合は再度アルバムアートをクリックするか、Esc ボタンを押します。


(juggly.cn)記事関連リンク
Nokia、スマートフォン市場には当面復帰せず、CEOが明かす
HTC製アクションカメラ「HTC RE」が米Best Buyで販売開始
Android 5.0(Lollipop)ではGoogle検索がクエリごとにアプリ履歴に表示される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。