ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【空旅のススメ】(5) エコノミー以上ビジネス未満「プレミアムエコノミー」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


飛行機の座席、長距離国際線の場合は「ファースト」「ビジネス」「エコノミー」の3クラスが一般的。例えば、東京=ニューヨークが片道100万円ほどする(しかも値引きもない)ファーストクラスはともかく、ビジネスクラスだって決して安くはない。だが、エコノミークラスに比べると、空港でラウンジが使えたり、優先搭乗できたり、機内サービスも機内食もあらゆる点で大きな「差」がある。
そのビジネスには手が届かないけれど、エコノミーの狭い空間で10数時間も機内に閉じ込められるのはツラい、もう少し支払うから・・・という利用層をターゲットにしたようなクラスが近ごろ、日本を含む世界の航空会社で見られる。「プレミアムエコノミークラス」だ。
プレミアムエコノミークラス、実際に利用してみて感じた、エコノミークラスとの主な違いを挙げてみる(※ 航空会社によって該当しない場合もあるので注意)

■ シートが、エコノミーに比べて前後左右とも広い
 
■ シート備え付けの枕や毛布がエコノミーより品質が良い
■ 機内食は、エコノミーと基本同じ、アルコールドリンクなどが多いことも

■ 個人モニターのサイズが大きめ

■ 各シートにUSBなどの電源がある

■ 優先搭乗できることもある

■ 受託手荷物のサイズや個数がエコノミーよりも寛大

■ 空港にある航空会社ラウンジは基本、利用できない
 

ちなみに、気になる運賃は、片道につき、エコノミーより数万円から十数万円高い。この価格幅は一概には言えないが、たまに、航空会社がセール運賃を出すこともある。その時、日系航空会社のエコノミーよりプレミアムエコノミーのほうが安いなんてことも。もちろん、機内での快適さなどはエコノミーより断然いいので、旅行や出張の予定がある人は念のため、各航空会社のウェブサイトなどぜひチェックを。
(Written by Aki Shikama)
 【Nicheee!編集部のイチオシ】
LCCで追加料金を取られないための防止策
LCCで海外「弾丸」旅ができる
LCC「1円セール」でゲットする方法

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP