ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年末ジャンボ宝くじの勢力図に変化 「小さな売り場に注目」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月21日に発売される「年末ジャンボ宝くじ」。億万長者を夢見ていつもの有名売り場に並ぶのもいいけれど、今年は意外な穴場に福が転がっているという。

 今年は全国自治宝くじが発売されて60年を迎える節目。年末ジャンボは昨年に続き1等5億円、前後賞1億円で7億円の大型当せん金が魅力となっている。2012年に当せん金の上限が引き上げられて以来、その金額は年々大きくなってきた。

 1等当せん金の高額化で変わることがある。1等の本数が以前に比べて少なくなったのだ。それによって当たる売り場にも異変が起きていると語るのは「山ちゃん」の愛称で知られる宝くじ研究家・山口旦訓(やまぐち・かつのり)氏。

「『西銀座チャンスセンター(CC)』(東京都中央区)や『大阪駅前第4ビル特設売場』(大阪市)といった有名売り場でも今年のジャンボは1等を1本出すのが精一杯。これまでの勢力図が塗り替えられ、最近は小さな売り場が注目されています」

 直近のサマージャンボでもその傾向が見られた。人口約3万人の種子島唯一の売り場「七福種子島店」(鹿児島県)もそのひとつ。1等6億円が飛び出してから3か月経った今でも、島内は「誰が当たったのか」と噂話で持ちきりだという。

「2年前に風水で金運が向くという黄色に店全体を塗り替えたところ、ロト6などで高額当せんが出るようになりました。ジャンボ発売に合わせて島内の『宝満神社』へ参拝した効果があったのではないでしょうか。パワースポットとして知られる『千座の岩屋』が近くにあることも運を呼び込んでいると思います」(川口克仁店長)

 栃木県足利市では小さな商店から6億円が出た。住宅地にある「吉田菓子店」は、その名の通りお菓子屋さんである。

「33年前に近所にスーパーができてお菓子が売れなくなったので宝くじ販売を始めました。販売初年度は200枚しか売れなかったのですが、その中から1等が出た。それからツキが続いています」(吉田清子店長)

 同売り場では今春のグリーンジャンボでも1等前後賞5億円を出しており、サマーと立て続けに億万長者を誕生させている。

「小さな店でも1等の大当たりは出るが、半年に2本は奇跡としかいいようがありません。1等本数が少なくなっただけに、過去の当せん実績にとらわれることなく、穴場を狙うことをおすすめしたいですね」(山口氏)

※週刊ポスト2014年11月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宝くじの億当せん・総額21億円当たった静岡の売場に県外客も
宇部市宝くじ売場 1等続出で09年からの高額当選総額13億円
年末ジャンボより当選確率UP グリーンジャンボのラッキー数字

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP