ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年は“リアル乙女ゲーム”も実施! 『アニメイトガールズフェスティバル2014』写真満載レポート [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


乙女のためのイベント『アニメイトガールズフェスティバル2014(通称、AGF)』が11月8日、9日の2日間にわたり開催。『AGF』は女性向けのアニメ・ゲーム・ボビー・コスプレなどのコンテンツが集まる大型イベント。昨年も出展社数、展示エリアが増えていましたが、今年は更にエリアを拡大し5エリアに! ざっとその会場の雰囲気をお伝えします。

今年はドラマCDや乙女ゲームのブースやグッズが多い印象。また、午前中のお目当ての商品争奪戦が終了したあとは混雑もなく、ゆったりと見て回れるところに会場エリアを拡大した効果を感じました。

※すべての画像入りの記事はhttp://otajo.jp/43748でご覧いただけます

ゲーム“Vitamin”シリーズでお馴染みのD3PUBLISHERブースではキャラクターグッズに加えて、『だいすけ乙女チャンネル』公式グッズ「俺たちDDD☆らくがきノートセット」を先行販売。


スクウェア・エニックスのブースでは現在TVアニメ好評放送中の『繰繰れコックリさん』の信楽と狗神が。KADOKAWAブースには狐姿のコックリさんも登場しました。



一番くじのブースでは、今後発売予定のくじ商品を展示。アニメ2期が始まる『デュラララ!!』の企画も進行中!


新しいガチャアイテムで気になったのが、『黒子のバスケ』のネームタグプレート。制服につけている名札っぽくて、リアルなかんじがいい!


今年のソル・インターナショナルが手がける“跡部王国”国民へ贈る商品は、国王様とティータイムを楽しめそうな、ティーカップ&ソーサー、ハーブティー、スプーンチャームなどのロイヤルアイテム。

『ときレス』がAGFに進出

モバイルゲーム『ときめきレストラン☆☆☆(以下、ときレス)』は登場するアイドルが、今年実際にCDデビューも果たして話題に。缶バッジやゲームの中でお店にやってくるちびキャラバージョンのラバーストラップを販売。


さらに「.ikebukuro(ドットイケブクロ)」のブースでは、CDを買うとアイドルのサイン入りスタンディーが当たる企画も開催。赤いはっぴを着て、メンバーもイベントならではの装いに。

また、今年も引き続きアニメも盛り上がった『Free!』や『弱虫ペダル』、そして『うたプリ』、『薄桜鬼』などの人気は根強く、先行販売アイテム・限定アイテムが軒並み完売。大きなうたプリブースはずっと列をなしていました。



イワトビちゃんの顔が並ぶ『Free!』ブースの様子はちょっと狂気を感じます。


今年のうたプリブースのテーマはシャイニングサーカス! グッズもサーカスモチーフの可愛いアイテムが揃っていました。

キャラクターのイメージをオシャレなファッションアイテムに取り入れるSuper Groupiesも出展。女子たちが大好きなときめくアイテムがズラッと並び、実際に手にとって見ることができるので、すごいにぎわい。


『MARGINAL#4』や『ツキウタ。』のグッズも多く、月歌屋には巨大な黒ウサギ・黒田も登場。


TVアニメ好評放送中の『ワールドトリガー』のブースはもちろん、『ボーイフレンド(仮)』のグッズも多数。


フロンティアワークスのブースでは、アニメ系のアイテムだけでなく、なんと『NO MORE 映画泥棒』のクッションカバーが登場!






アフレコ体験も実施!

ヒューマンアカデミーのブースでは、なんと実際に放送されたアニメ映像を使用して、アフレコ体験を実施! 声優さんという憧れのお仕事に少しチャレンジできる貴重な経験に、みんな感動していました。

会場を巡って迎えるエンディングとは? リアル乙女ゲームを開催

今回、初の試みとなったのは、会場で行う“リアル乙女ゲーム”。リアル乙女ゲームのストーリーブックを手に入れ、指示通りに会場内を周ると、オリジナルキャラクターとの仲が進展しちゃう!?


さっそく筆者も最初のストーリーブックを手に入れ参加。どうやらタイプの違うイケメンから好きなキャラを選んで、ストーリーを進めるよう。選べるのは「とってもクールなメガネ男子・秋人」「天真爛漫で甘えん坊なフランス人とのハーフの男の子・ジル」「謎多きカリスマコスプレイヤー(仮面姿の)・福太郎」の3人の中から。

仮面の彼も気になったのですが、メガネ男子好きとしてはメガネの彼でしょう! メガネの彼ルートで指示された場所に向かい、そこで次の物語をもらいます。

選択肢によって2つあるラストのどちらかを見ることができ、見事“恋愛エンド”にたどり着くと、胸キュンイラストが手に入ります。ストーリーもAGFの会場で彼らと出会う、という設定で、なかなか楽しめました。

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP