ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「お客様、グラタンになります!」 一度気になると見過ごせなくなる言葉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ホテルのスタッフといえば、「言葉遣いがしっかりしている」というイメージを持っている方も多いと思います。実際、私が勤めていたホテルの支配人も話し言葉にとても細かく、私も何度か注意を受けました。

入社当初、私は他人の言葉を気にしたことがなかったので、そんな支配人を「細かい人だなあ」と思っていました。しかしホテルの勤務経験を続けるにつれて、一度気になると「変な表現」を使えなくなってしまう気持ちも分かるようになりました。(文:ユズモト)
自分が変身するところを想像してフイタ!

ホテルで働き始めて1年目の、ある日のこと。支配人がアルバイトの子に、強い口調でこんな注意をしているのを耳にしました。

「『○○になります』は、絶対使っちゃダメ。『○○でございます』と言うように!」

お客様に何かをお渡しするときに「○○になります」と言うのは、間違いだとは知っていましたが、私自身はコンビニや飲食店で言われても、特に気にしたことはありませんでした。そこで私は、支配人がそこまで厳しく叱るのを不思議に思い、

「『○○になります』って、そんなに変ですか? 間違っているのは分かるんですけど…」

と尋ねてみたのです(いま考えると、なかなか勇気のある行動ですが)。すると支配人は「一回気にしだすと気になるよ、これ」と、こんな例をあげてくれました。

「俺、飲食店で『こちらパスタになります』ってパスタ出されたら、『え、じゃあこれは何ですか? 今からパスタに変身するんですか?』って言いたくなるもん」

その時は「ふーん」としか思わなかったのですが、その数日後のことです。ご飯を食べに行った飲食店で「お客様、グラタンになります」と言われたとき、お客である自分がグラタンに変身するところを想像してしまい、心の中で笑ってしまったのでした。

そのとき初めて、今まで意識してなかったけれど、確かに「○○○になります」って変な表現だなと納得すると同時に、「気になってイライラする人もいるんだろうな」と気づいて、正しい言葉で話すことの大切さを実感したのでした。
「よろしかったですか?」に関する是非を考える

それからは、「今まで私の言葉が変だと思っていたお客様もいるかも知れない」と少し不安にもなり、以前よりも言葉遣いに気を遣うようになったのでした。

余談ですが、これも接客でよく使われる「よろしかったですか?」という言葉について、「間違いだ」とする説と「間違っていない」とする説があるという話を聞いたことがあります。

間違いとする理由は、「よろしいですか?」という表現を過去形にするのは文法的に有り得ないし、初めて聞く質問を過去形でするのはおかしいから、だそうです。

一方で、間違っていないとする理由は、お客様から過去に聞いた内容を確認しているのだから、過去形表現でOKとする考え方があるそうです。過去形にすることで、問い詰めるようなキツイ印象を弱める効果があるという説も。

この話を聞いたとき、「よろしかったですか?」を使う人の中にも「自分は正しい!」というポリシーを持ってあえて使っている方もいるのかも知れないな、と思いました。

ただし私自身は、不快に思われる方が多数いることを分かっていながら、あえて頑なに「よろしかったですか」を使う勇気はないので、使ったことがありません。

あわせてよみたい:就活対策に「ホテルのバイト」が最適な理由
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP