ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

25000以上あるLINEクリエイターズスタンプ まだヒット可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月1日現在で、販売されているLINEクリエイターズスタンプの数は2万5000以上。その数は日々、更新されている。

 今から販売するのは、若干の出遅れ感が否めない。だが、LINEスタンプ企画マネジャーの渡辺尚誠さんは以下のように語っている。

「アイディア次第では、まだまだ爆発的ヒットも夢ではないですよ。市場は世界各国ですから、日本でウケなくても、他の国でウケることもあるんです」

 確かに前々回と前回、LINEスタンプの人気クリエイター2人を取材し、その稼ぎが1000万円近いことを紹介したが、彼らは日本がメイン市場だった。海外も視野に入れれば、まだまだヒットの可能性はある。

 しかしここで致命的な問題が。“女性セブンスタンプ班(略してJSSH)”の記者Kと編集担当・セブ姉は、絵が描けない。落書き程度ならどうにか描けるが、スタンプ作成となると、お金を払ってもらえるだけのクオリティーを出せるか自信がない。

 そこで、また前出の渡辺さんの言葉がよみがえる。

「大丈夫です、アート系の仕事に就いたことがなくてもチャンスはあります」

 そうだ! たしかに前回と前々回に紹介したクリエイターは、いずれもスタンプを販売するまではアート系とは関係ない仕事をしていた。

「いけるかも」

 さっそくJSSHは、スタンプ作りに着手。LINEクリエイターズの第一関門である「LINEクリエイターズマーケット」への登録を開始。

 まず、スマホのLINEアプリをダウンロードし、“女性セブン”でアカウントを取得する。

 次に、パソコンでクリエイターズマーケットにアクセスし、メールアドレスやパスワード、会社名(個人の場合は、個人情報)など必要事項を入力。登録を完了し、マイページを作成できた。所要時間はたったの10分だ。

 登録は無料で、LINEアカウントさえあれば誰でもできるという手軽さ。

「これでスタンプを応募するだけですね」(記者K)

 登録しただけで、すっかり満足してしまったJSSHメンバー。だが、その道のりは…。〈続く〉

※女性セブン2014年11月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
LINEクリエーターズスタンプ 使う相手を絞ったものが人気
LINEスタンプ 人気トップ10平均収益は3か月で2230万円
LINEスタンプ作った理容師 発売3か月で約1000万円稼ぐ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP