ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボジョレー・ヌーボー今年は豊作 第7次ワインブーム牽引か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毎年恒例、フランス産ワインの新種「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日(11月20日午前0時)が迫ってきた。“空前”といわれるワイン人気が本物かを知るうえでも、今年のボジョレー商戦の動向が注目される。

 ワインメーカーのメルシャンによると、国内のワイン市場は2008年から拡大を続け、2013年は出荷数量が35万キロリットルを超えるなど過去最高を記録した。

 過去に遡れば、バブル真っ盛りの1980年代後半に沸き起こった高級ワインブームや、1990年代に健康志向で赤ワイン人気が高まるなど、ジワジワと消費量を押し上げてきた。

 そして、1本1000円を下回るような低価格の輸入ワインが多く出回るようになった2012年より市場が一気に拡大。いまは「第7次」となる空前のワインブームの真っただ中にあるという。

 都内でワインバーを経営する店主も、近ごろのワイン人気を実感している。

「昔はワインといえば高級レストランで味わうお酒というイメージが強かったのですが、今はスーパーやコンビニでも気軽に買えるようになったので、“ワイン通”が増えました。ウチの店でも『果実味』や『産地』、『好きな銘柄』などを細かく指定してオーダーするお客さんが多い」

 だが、消費者の選択肢で大きなウエイトを占めるのは、やはり価格だろう。「自宅で飲むなら1本1000円台、外で飲んでも3000円以上するようなワインは手が出にくい」(30代のワイン好き女性)といった声は少なくない。

 そこで、気になるのが今年のボジョレーだ。品質重視の消費者のプレミアム志向に乗った側面もあろうが、円安による輸入コストの増加で価格は全般的に高め。各メーカーとも3000円前後のボジョレーを価格帯のメインに据えている。

「長期熟成のヴィンテージワインなどと比べて、味がライトで差別化が難しいボジョレーで3000円台は高い。採算を取るためには仕方ないが、消費増税による節約ムードもある中、どこまで高価格帯のボジョレーが売れるかは分からない」

 都内の酒販売店からは、こんな声も聞こえてくる。果たして今年のボジョレーは価格に見合った出来栄えとなっているのか。

 ワインソムリエの資格を持ち、ワインバルも経営するフードコンサルタントの白根智彦氏に聞いてみた。

「現地からのレポートによると、今年は天気が良くブドウは順調に実をつけて完熟まで至り、凝縮度合いの高いバランスのとれた出来に仕上がっているそうです。近年の当たり年である2009年と肩を並べるクオリティになるのではと聞いています」

 また、白根氏によれば、最近は樹齢35年以上の古樹のみ使用とか、収穫を抑えて凝縮感を高めたり、ノンフィルターでブドウ由来の本来の美味しさが残るようにするなど、よりプレミアム感の高いボジョレーを生産する小さなワイナリーも増えているという。

 果たして、良質なブドウの味わいとボジョレー独特の付加価値がどれだけ消費者に伝わるか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ボジョレーに負けない国産ヌーボー その実力をソムリエ解説
昨年より出来良いボジョレー 銘柄選びのポイントを識者解説
ワインの価格差大きい理由や「へえ~」なワイン薀蓄解説本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP