ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

XiaomiはLeadCore LC1860プロセッサを搭載した399元(約7,500円)の超低価格スマートフォンを投入予定?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー 小米科技(Xiaomi)が中国価格で 399 元(約 7,500 円)の超低価格スマートフォンを開発しているという噂が中国のマイクロブログサイト Weibo で伝えられました。Xiaomi 製品はハイエンドモデルでもグローバルメーカーの間ではエントリー~ミッドレンジの安い価格で販売されていますが、それらよりもさらに安い機種を投入しようというのです。この噂は、Xiaomi が中国の半導体メーカー LeadCore 社とのパートナーシップにより実現したとされています。伝えられているところによると、Xiaomi の超低価格スマートフォンは LeadCore 社の「LC1860」と呼ばれる SoC を搭載しているそうです。LC1860 は Cortex-A7 コアを 6 基内蔵した 28nm プロセスのヘクサコアプロセッサで、GPU には Mali-T628MP2 を採用したほか、通信モデムは GSM / WCDMA / TD-SCDMA / FDD-LTE / TD-LTE をサポートしています。Source : MyDrivers


(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、Google Glassやスマートウォッチを利用したウェアラブルデバイスの実証実験を2015年1月に福井で実施
Androidアプリのバックアップツール「Helium」のChroeアプリがリリース
Sony Mobile、Xperia Z3、Xperia Z3 Compact、Xperia Z2、Xperia Z1、Xperia Z1 Compact用のAndroid 5.0 (Lollipop)のAOSP版ソースコードを公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP