ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

bloodthirsty butchersの射守矢雄とfOULの平松学のユニットがアルバムをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

bloodthirsty butchersの射守矢雄(B)とfOULの平松学(B)がバスドラを挟んで対峙した驚愕の低音インストユニットその名も「射守矢雄と平松学」が昨年10月の活動開始から僅か1年で1stアルバム『センボウノゴウ』を完成させ、2月4日に発売することがわかった。

和音とアルペジオを多用した独特の奏法で“ブッチャーズをブッチャーズたらしめた”とも言うべきベースサウンドを鳴らし、四半世紀以上にわたりバンドの屋台骨を支え続けた射守矢雄。札幌在住時に射守矢の薫陶を受け、我が道を行く独創的なベーシストとして確固たるポジションを築いた平松学。互いに認め合う鬼才ふたりがベース+ベース+バスドラという骨格だけの編成で鳴らす楽曲群は、アバンギャルドな佇まいからは想像もつかないメロディアスで普遍的なロックであり、両バンドのファンは勿論ポストロックファンやベースファンにも広く受け入れられること間違いなしの傑作となっている。

また、今回の発売告知解禁に併せてレコーディング風景を収めた予告編映像もYouTube上で公開。短い尺ながらもふたりの創りだす世界感や雰囲気を感じられる必見の内容となっている。気になる方はチェックをお忘れなく。

『センボウノゴウ』予告編映像
http://youtu.be/doLJ2FUSExM

アルバム『センボウノゴウ』
2015年2月4日発売
KICS-3159/¥2,800+税
<収録曲>
01 .small world
02. Gyaspi
03. dissound the blues
04. Mrs. JASCO
05. B-teamのテーマ
06. センボウノゴウ
07. KING
08. ドサンポ
09. core mode
10. Octopus
11. Robin popinica
12. Men who work alternately
■Guest
小松正宏(bloodthirsty butchers, FOE, SOSITE, Crypt City):Drums, Percussion
斉藤裕子(acoustic dub messengers):Violin
沙知(ハリネコ):Keyboard, Piano)
青木順一:BaritonVoice

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
bloodthirsty butchersの最新作『血に飢えたnon-album songs』の詳細が決定
ブッチャーズ、ユニバーサルミュージックとキングレコードより最新作を11月14日に同時発売

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP