ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

砂浜飲酒、路上喫煙、歩きスマホも? 「規制化社会」の功罪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宗教学者の山折哲雄さんは、著書『いま、こころを育むとは』(小学館新書)の中で、「個の自立」を促す戦後教育の弊害について、こう書いている。

<個が、今日の単なるわがまま者、わがまま主義に陥っていた。自分のことしか考えない「ミーイズム」などという言葉が流行ったことがありましたが、放縦な自由主義といったらいいのか、極端な個人主義が生まれてきた。自分の欲望しか追求しない人間が、どんどん増えてくるようになりました>

 日本人のモラルが低下していると叫ばれて久しいが、その遠因は山折さんのいう“誤った個性偏重”と無関係ではないだろう。傍若無人でマナーすら守れない人が増えるから、ルール化、すなわち規制の箍(たが)がはめられる。

 今夏、湘南の海水浴場で物議を醸した<飲酒、バーベキュー、音楽>の禁止令はその典型だ。

「なにも、そこまで細かく規制しなくても……」と思っても、周囲の迷惑を顧みずに砂浜を荒らす海水浴客の行為が目に余っていたのは事実。結局、堅苦しい規制と厳しい監視によって風紀は取り戻したが、浜辺の健全な賑やかさまで失われてしまった。

 社会問題化する“歩きスマホ”もそうだ。

 駅のホームや階段などから転落する事故が相次ぎ、スマホを操作していない人までトラブルに巻き込まれる事態となっている。やはり我が物顔で節度を守らない人のせいで、罰則を伴う規制を求める声が日増しに大きくなっている。

 だが、逐一ルール頼みにしていると、かえって道徳心は薄らいでしまうと懸念する向きもある。

「電車内でベビーカーを畳むべきかという論争がありましたが、わざわざルール化しなければ乗客どうしが気遣えないギスギスした監視社会になってしまったと実感しました。

 日本人の順法意識が高いのは立派なことだと思いますが、なんでもかんでも規制で雁字がらめにしていたら、自分で物事の善し悪しを判断する能力もなくなってしまうのではないでしょうか」(50代・高校教諭)

 さらに、これまではマナーの範疇で済んでいたものが、ルール化された途端に適用範囲が広がり、しまいには完全に自由が奪われるケースが多いのは、民主主義社会にとって危険な風潮ともいえる。

 たばこ規制もその顕著な例ではないか。

 路上喫煙防止条例を制定する自治体が増えたため、歩きたばこや吸い殻のポイ捨ては減った。建物内での分煙化もこの十数年で格段に進んだ。しかし、規制の広がりとともに街中の喫煙スペースは次々と撤去され、ルールに従う喫煙者まで行き場を失っている。

 はじめは「たばこを吸わない人に迷惑をかけない」という喫煙マナーの強化だったはずが、条例規制という“強権”の下で、いつしか「喫煙者=悪」と見る空気まで醸成されている気配もある。

「いまは喫煙所でたばこを吸っていても冷たい視線で見られるから肩身が狭い。まだ喫煙スペースがあるだけマシで、このまま規制が強化されれば外出中は一切たばこが吸えない時代になってしまうのではないか」(60代の愛煙家)

 冒頭に挙げたように、「公」を無視して「個」を伸ばすことを促せば、単にわがまま者を増やしてしまう恐れがある。

 だが、モラルをわきまえ、善悪の判断がつく人まで一括りにルールで縛るのは、人格否定にも?がりかねない。それだけ規制をかけるというのは難しいことだが、まずは個々人が“規制をかけなくてもお互いに思いやる日本社会”を思い出したいものだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
6割税金のたばこ 意外と知られていない国と地方ダブルの税
たばこ値上げで吸わなくなる人急増し税収500億円落ち込むか
たばこ臭が嫌いな喫煙者 自分で吸うたびに歯磨き計1日20回

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP