ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鳥山明に続き、小西紀行・島本和彦がチャウ・シンチー版『西遊記』とコラボ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、漫画家・鳥山明(「ドラゴンボール」)が描き下ろした孫悟空イラストが話題となった、チャウ・シンチー監督6年ぶりの新作『西遊記~はじまりのはじまり~』だが、続けざまに更なる奇跡コラボを敢行してしまったようだ。

今回はなんと、西遊記漫画である「西遊記ヒーローGo空伝!」「ゴゴゴ西遊記 新悟空伝」、そして今や社会現象にもなっている「妖怪ウォッチ」の漫画家・小西紀行と、「ヒーローカンパニー」や「アオイホノオ」など熱血キャラで読者を笑いと感動で包みこむ漫画家・島本和彦という日本の妖怪スペシャリストと言える二方が、本作に向け熱いオリジナルイラストを描き下ろし。

小西氏は、後に三蔵法師と名を改めることとなる主人公の妖怪ハンター・玄奘(ゲンジョウ)と、映画オリジナルキャラクターの女妖怪ハンター・段(ダン)を、一方の島本氏は、謎の美男子から豚へと変身する猪八戒と、巨大な魚と獣を合わせた水の妖怪・沙悟浄をそれぞれ描き下ろしている。

今回のコラボに寄せ、小西氏は「恐(こわ)おもしろくて、気持ち悪(わる)おもしろくて、バカおもしろい!…なのに、ずっと切ない。」、島本氏は「笑わせようと思ったんじゃない!というチャウ・シンチーの叫びが聞こえる感動のラストは日本人への大サービスだ!!」とコメント。大御所二人が熱い思いを込めまくったイラストは、まさに奇跡のコラボと言えるだろう。

『少林サッカー』『カンフーハッスル』のチャウ・シンチー監督が描く、誰もが知っているあの「西遊記」の始まりの物語。2013年中国映画興行記録1位を記録したメガヒット作が、ついに日本に上陸する!

『西遊記~はじまりのはじまり~』は11月21日(金)TOHOシネマズ有楽座他、とんでもねーロードショー!

(C)小西紀行 (C)島本和彦 (C) 2013 Bingo Movie Development Limited

■参照リンク
『西遊記~はじまりのはじまり~』公式サイト
http://saiyu-movie.com/Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP