体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「リノベーション・オブ・ザ・イヤー 2014」に見る リノベ最新事情とは?

ユーザー参加型のリノベーションが高く評価されたグランプリ受賞作の『HOWS Renovation Lab.』(画像提供:株式会社リビタ)

2014年を代表するリノベーション物件を選ぶ「リノベーション・オブ・ザ・イヤー 2014」が11月2日に行われました。開催2回目となる今年は、全国に380社あるリノベーション住宅推進協議会に加盟する企業が手がけた物件の中から、グランプリ1作品、部門別最優秀作品賞4作品、特別賞8作品が受賞。バリエーションに富んだ作品が選ばれた背景を見ていくと、リノベーションの大きな可能性や魅力、社会的意義が感じられてきます。その最新傾向を探ってみましょう。

【画像1】授賞式に勢ぞろいした受賞者(画像提供:リノベーション住宅推進協議会)

【画像1】授賞式に勢ぞろいした受賞者(画像提供:リノベーション住宅推進協議会)バリエーションに富む受賞作品

一般的に、リフォームとは老朽化した建物を新築に近い状態に修復することをいい、リノベーションとは、建物の持つ本来の性能を向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。
今回、「リノベーション・オブ・ザ・イヤー 2014」にエントリーされた作品は、そうした性能や居心地の良さなど、建物の魅力を存分に高めただけではなく、リノベーションが社会にもたらす意義を体現しているものも多く集まったようです。
どんな点で評価を受けたのか、選考委員の講評を元に見ていきましょう。

●総合グランプリ
『HOWS Renovation Lab.』株式会社リビタ
<選考委員に評価された特徴>
築27年の戸建住宅。既存のスキップフロアを活かし、階段まわりを吹抜けに、浴室・寝室・地下室をガラス張りにして6層の空間をつなげた。
こうした出来映えに加え、セミナーやDIYワークショップ(建物の劣化部分確認や床と壁の塗装など)にユーザーが参加できる現地イベントを企画。住まいのDIYを検討するユーザー向けに情報発信した。

【画像2】総合グランプリ『HOWS Renovation Lab.』(画像提供:株式会社リビタ)

【画像2】総合グランプリ『HOWS Renovation Lab.』(画像提供:株式会社リビタ)

●最優秀作品賞〈500万円未満部門〉
『削ぎ落とす』株式会社錬
<選考委員に評価された特徴>
ブリックタイルで囲われたキッチンや大きなカウンターなど魅力的な内装。この内容を480万円でできるという、コスト面でのインパクトが大きい。

【画像3】最優秀作品賞〈500万円未満部門〉『削ぎ落とす』(画像提供:株式会社錬)

【画像3】最優秀作品賞〈500万円未満部門〉『削ぎ落とす』(画像提供:株式会社錬)

●最優秀作品賞〈800万円未満部門〉
『メルヘン』株式会社しあわせな家
<選考委員に評価された特徴>
築44年の団地を再生。団地特有の細かく区切られた構造を「色・構造・縦空間」で活用し、明るい色調のモチーフでデザイン統一。この事例が呼び水となり、小さな子どものいるファミリー層に注目されることで、”団地高齢化”の解決手法を示す可能性を示している。

【画像4】最優秀作品賞〈800万円未満部門〉『メルヘン』(画像提供:しあわせな家)

【画像4】最優秀作品賞〈800万円未満部門〉『メルヘン』(画像提供:しあわせな家)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。